2016年12月31日土曜日

テレビで

BSで,ホビット三部作が一挙放送されるようである。
おおざっぱに一本三時間として,ぶっ通し九時間ということか!!
わしの勤務時間より長いぞ。

録画できる人はご覧くださいといったところだろうか。

わしの経験では,映画のテレビ放送は,
DVDの字幕よりも翻訳の質が良い気がする。
テレビで観て気に入った映画をDVDで買うとどうも微妙に違ってガッカリすることがあった。
特にNHKBSの字幕は良い気がする。

だからホビットのテレビ放送も観たい気はするが録画機を持っていないから無理だ。

なにはともあれ,体調がゆるやかに下降傾向で,いつからこんな風になったのかと考える。
去年の今頃はもう少しマシだった。

2016年12月30日金曜日

なんもできねえ

押しつぶされそうなのである。
というかもう押しつぶされているかもしれない。

なんもできねぇ。

どうしてこんな人生になったのだろう。

2016年12月27日火曜日

思ったとおり

『あっという間に終わりそうな気配』と感じた今年の正月。
その通りにあっという間に年末がやってきた。

特に夏からが早かった。

話は変わるが例のDVD6枚セットの字幕の方を見終わった。
吹き替え版も観たいが何しろ一本三時間ともなるとかなりの長さ。
一本につき90分映画を二本見るようなもの。
それが6本だから90分×12本の計算。

ゲーム内のムービーくらいの知識だった『ロード・オブ・ザ・リング』,
王の帰還までとうとう見たんだなぁ。
ゲームをやってたのがもう10年くらい前になるのかなぁ?
ぼけーっとしているうちに『ホビット』までセットになって廉価で出たなぁ。
いやはや。

で,原作の指輪物語でもっとも衝撃的だった「首を投げ込まれる」シーンも,
映像化されていたとは。
でも,シーンが短いし,あんまり怖くなかった。
本だと語りがもうそれはそれは恐ろしかったのだが。
戦争って嫌だなと心底思った。

しかーし,中国の歴史はもっと怖い。
サウロンより恐ろしき大陸の戦乱の歴史。

多分日本でもどこでも似たような残酷な時代はあったのかもしれず,
たまたま中国のは記録が残っている,ということなのかもしれないが。
アメリカの西部劇も映画で表現をマイルドにしていなければ相当怖いのは確かだが。
しかーし,中国の歴史は表現をマイルドにしようが無いくらい怖い。

ということで,毎日洗濯ものを干してたたんで,
何か気晴らしでもしようやとDVDを観て,
毎日毎日時間がたりず,
生きるために洗濯するというよりも,洗濯するために生きてるような一年だった。
全自動洗濯機を使っててこんな事態なのだから,
手で洗ってた昔は本当に洗濯のために一日起きてるようなものだったのだろうなと思った。

人生って何なんだろうな。

2016年12月26日月曜日

胃が痛いなぁ

食べ過ぎたくらいでこんなにキリキリ痛む。
ストレスだろう。

最近仕事に行きたくないなぁ。
と思う日が増えた。
若いうちなら辞めて他を探すのもありだけど,
今はもう,履歴書,面接,の過程も苦痛だし,
早く死にてえやと思うばかり。
今すぐ死にたい訳じゃないけどね。
もうちょっとで死ねる,という救いがあれば頑張れるだろうに。

若い頃,当時の友人がこんなことを言っていた。
『仕事は辞めるとしたら人間関係。仕事自体は辛くても辞めようという所まではいかないが,
 辞めたいと思う原因になるとしたら人間関係だと思う。』

仕事がよっぽど変な仕事かよっぽど拷問のような屈辱的な内容ではない限り,
人間関係に特に問題がなければ人は頑張れるものである。
しかし,人間関係にストレスがあれば,どんな仕事でも続けるのは苦痛になっていく。

これは経験した者にしかわからない気持ちのようで,
私は今まさにこの地獄にはまりつつある。
前回は極端に酷かったので人の勧めもあって今の職場に移ったが,
今の職場はそこまで酷くはないがなんだかじわりじわりとくるものがある。

この職場も人が長続きしないのはまぁわかる気がする。
いわゆる古株どもに緊張感がなく,威張りすぎており,職権を乱用している。
上に立つ者にスタッフを率いる能力がない。
だから好き勝手するクソババア族がのさばっている。

人が足りないというのなら,給料アップで誘うよりも,
クソババア一掃が必要だろう。
人がいつかないから人手不足になる。
一時的に人手不足になるリスクを取ってでも,クソババア族は辞めさせた方が良い。
懲戒解雇になってもおかしくないことを日常的にしているのだし。
そのせいで規則だけを厳しくして張本人たちは野放しで,馬鹿馬鹿しい。

2016年12月19日月曜日

恐怖体験

いよいよ恐怖のクリスマスが迫ってくる・・・。

クリスマスなんて無くてよろしいのに。

毎年同じ音楽を聞かされて何が楽しいのだ。

自分へのプレゼント?
ほしい物があるならいつでも買え。

クリスマス気分を味わわなければいけないと脅迫されているようで非常につらい。
最近は二段ケーキもないし。

せっかく二段ケーキや三段ケーキを買える大人になったのに。
どのメーカーのメニューにもない。

こんな時こそ禅の教えだ。

クリスマスなど心が苦しくなるだけだ。
何の救いにもならん。

2016年12月18日日曜日

映画

映画『ホビット』の三部作DVDを,まずは字幕版で見てみました。
一本三時間近くあるので休みの日限定で観ています。
『ロード・オブ・ザ・リング』三部作と合わせて6枚セットで4800円税抜きの物です。
日本の映画DVDもこれくらい安くなってほしい・・・。

前にも,文庫でも上下巻しかないホビットを三部作とは長すぎないか!?,と書きましたが,
いやぁ,まぁ,本当に長いですが,見ている間はそんなに長く感じなかったです。

ただ,この長さなら原作の内容は一切カット無しだろう,と期待していたら,
わりとカットされまくりでした。(笑)
正直,今は手元に本が無く,内容もあまり覚えていないのですが,
それでも記憶にあったお気に入りのシーンの数々が,なんか,出てこない!?(笑)

カットというより,内容自体が変えてありました。
そういえばタイトルも「行って帰ってきた物語」ではないようでした。
この「行って帰ってきた」という事実が素晴らしいのですが・・・。

同じビルボ役で原作通りの映画も観たいなーと思いました。

特にビヨルン屋敷の犬の給仕が映像になるのを楽しみにしていたのに。(笑)
ああいうほんわかシーンは一切カットでした。
全体的に,何でホビットを仲間にしたのかわからんストーリーになっているというか。(笑)


隊長

隊長が悪いと隊は全滅だが,
体調が悪い。

でもどこがどう体調が悪いかはイマイチ顕著ではない。
倒れる訳じゃなし。
食欲あり。

強いて言えば喋ると酸欠になるから喋りたくない。

2016年12月17日土曜日

溜息が出ちゃう

先輩パートさんが結構あくどいことに気づいた今日このごろ。
嫌な人ではあるがもう少しマシな人かと思っていた。
が,日に日に信じがたい事実が増していく。
あんな人がお局としてデカいツラをしているのか・・・。
だから駄目なんだこの会社。
ちょっと厳しい店なら懲戒免職も有りうるだろうに。

ホント,他人に厳しく自分に甘い人だな。
自分は何をしても許されると思っているのだろう。
実際,入社以来ずっと,許されてきたのだろう。

まあ裁くのは人ではなく神か仏か人以外の存在である。
お任せする。

2016年12月16日金曜日

そうなのか

考えてみりゃあ来週はクリスマス来襲なのだな。
うそみたいな速さだな。

さらば2016.

2016年12月13日火曜日

怖い話ホラー系

私は怖い話が書けない。
子供の頃は即興で怖い話を語るという遊びもやったが,
どうしても怖くならなかった。

怖い話は怖いから書かない。

とはいえ,時々むしょうに書いてみたくなることがある。
でも,書けないことはわかっている。
怖い話が嫌いだから。
無意識に怖くない話へと変貌させようとしてしまう。

怖い話といってもいろいろなタイプはあると思うが,
サスペンスドラマ系は書けそうにない。
怪談系も怖いから書けない。
戦争も怖いから書けない。
やっぱ怖い話は書けない。

というよりどんな話でもまともな読み物は書けないが。

ちなみにトールキンの指輪物語はかなり怖い話である。
首が投げ込まれるのである。
挿絵が無くて良かったと思う。

2016年12月8日木曜日

もうあかんわ

最近東北語が中国語に聞こえる。
時々本物の中国人も来るけど区別がつかない。

もう中国人のふりでもしようかと中国語をかじってみることにした。
でも時々来る本物の中国人にバレるとまずい。

とにかく東北語がわからん。
もう逃げたい。

お客さん私中国人アルよ,東北語わからんアルよ。(バレバレ)

2016年12月7日水曜日

比べること

比べることは不幸の始まりというのもわかる。

多くの人が休日として過ごす年末年始や,
その他全てのイベントにおいて,休みがない職種。
気持ち的にすごく疲れることがある。

じゃあカレンダー通りに休む仕事に就きたいかというと,それもない。
実際はカレンダー通りにしか休みを取れない方がキツイかもしれない。
しかも5連勤&2連休でしかも普段日に休めないとなると銀行等の窓口にはまず行けないではないか。

それでも盆はまだいい,年末年始が休めないのは精神的につらい。

スーパーも年末年始くらい休みにすれば良いのではないか。
せめて31日と一日くらいは。
コンビニが開いてるからいいじゃないか。
コンビニの従業員は気の毒だけど。

全員が出勤というのならまだ良いが,
シフト的に誰かしら休みになるのが不公平感がある。
どうしても比べてしまう。
どうして私は毎年出勤なのか,と比べてしまうと相当つらいのは確か。

2016年12月2日金曜日

しわす

11月のカレンダーをめくる時,
同じことをついこのあいだ,やった気がした。
11月は何だったんだ。
本当に30日も存在したのか?
あっという間だった。
おそらく片寄りきったシフトのせいだろ。
後半は休みが二回しかなかった。
だから後半は無かったも同然のように過ぎてしまった。

2016年11月27日日曜日

コミュ障の意味

私は口下手という意味ではコミュ障だが,
お喋りな人にもコミュ障はいる。

コミュ障について,
無口と定義するか,人とのコミュニケーションが下手と定義するかで,
もし後者なら,今の職場には山ほどいる。
ほぽ全ての人と言ってもいいだろう。

コミュ障の人ともうまくやれる人以外は,
みんなコミュ障だと思う。

だいたい,何で言わなくてもわかると思うのかが,不可解である。

くだらないお喋りについては口達者だが,
初歩的なコミュニケーションがとれないようである。
報連相なしである。

この職場ではそれが顕著である。
社風なのだろうか・・・。
プラス土地柄なのか,みんなエスパーなのか・・・。

2016年11月25日金曜日

寒すぎる

寒すぎて来年が来そうである。

最近は正月だってこんなに寒くないだろ・・・。
温暖化はしていない。

2016年11月23日水曜日

かたより

休みをかたよらせたシフトはやめてほしいよなぁ・・・。
今月,あと一回しか休みがないんだけど・・・。
サラリーマンよりキツイじゃないか・・・。
休みが不規則だと,もちろん休みが多い週も発生するけど,
リズムがめちゃくちゃになるから休んだ気がしないし疲れがたまっていく。
だからスーパーは職場として人気がないのだろうなぁ。
普通のシフトを作ろうと思えば作れるはずなのになぜか変なシフトを作る社員。
なんで?

2016年11月21日月曜日

慢性疲労になりつつ

あるのだろうか・・・。

疲れが溜まってゆく・・・疲れがとれない・・・気が晴れない・・・。

身体症状も,本当なのか,仮面うつっぽいやつなのか,わからない。
病院に行こうと思うほどのはっきりした症状が出ない。

気のせいだろうなぁと思いつつ・・・。

疲れた・・・声を出すのもつらくなってきた・・・。

2016年11月18日金曜日

違った・・・

これはきっとテレビで見たあの映画だな,と思って買ったDVDが,また違った・・・。
私の妄想だったのか,他の映画と勘違いしたのか。
もう自分が信用できないなー。

2016年11月15日火曜日

蛇の夢

フロイト系の夢判断からすると,蛇の夢を見た,なんて恐ろしくて言えない雰囲気ですが,
私は夢の内容は大概体調から現れていると思うので,
さて,蛇の夢はどんな時に見ているのか,とわりと長年考えていました。
で,今日蛇の夢を見たのですが,ふと,あ,わかった,と思いました。
プライベートなことなので書きませんが。
ただ,まだひらめきであって確信ではないので,今後も検証していこうと思います。

蛇の夢って多くの人が「怖い夢」の一種としてよく見るようですが,
それは単純に「怖いもの・気持ち悪いもの」のカテゴリーに入っているからだと思います。
だから蛇を怖くない人にとっては「怖い夢のカテゴリー」ではないかもしれません。

じゃあ怖い夢はどういう時に見るかというと,
私の場合はどう考えても体調が悪い時です。
精神的・体力的,どちらにせよ,体調悪いと幸せな夢は見ないですね。

やっぱ,夢って,自分の身体の中の状況が伝わってきている可能性はあると思います。

2016年11月13日日曜日

ネットによると

そういえば,前に難聴症状で検索した時に,
呼ばれても気づかない症状は,発達障害の症状の中にもあるとのことだった。
それも検討してみたけど,その他の項目も当てはまる訳ではなかった。

それより,どちらかというと,
ドリーン・バーチューという人が天使の本に書いていた,
聞きたくない声の周波数帯はシャットアウトしてしまっているという言葉を思い出した。
そういう無意識にシャットアウトしている周波の声も再び聞こえるようにしないと,
天使の声が聴きにくい,という内容でしたが,
うーん,でも誰の声であれ聞こえない時は聞こえない。

もう一つ近かったのが,難聴の一種で,雑音の中で人の言葉を聞き取るのが苦手なケース。
なんとか性難聴・・・名前を忘れましたが。
「五分過ぎ」が「五寸釘」に聞こえる,という例もあったと思います。
そういう聴き間違えは私も多いですが,常にという訳ではない。

あとは単純に,難聴の初期段階の可能性。
イヤホンや,騒音の影響で,年齢が若くても難聴になるというもの。
難聴の始まりは,聞き間違いや,音飛びなどだそうである。
強いていえばこれが一番近い。
イヤホンはよく使うし,職場はわりと騒音まみれだし。

これプラス,方言で,ノイローゼ気味。

聞き取れないから自分もうまく喋れない,という状態になってしまった。
いっそ英語を話そう,と思ったが,いっこうに身につかない。

2016年11月12日土曜日

勘違い

なんか後ろの離れた所でごにょごにょ言ってるのが聞こえたから振り向いたら,
私に向って何か言ったようだった。

しかし私はそれに気づいて振り向いたのではなく,音の原因を確かめようとしただけ。
言った内容までは聞こえていない。

でも,向こうは私に聞こえたと思って構わず話を続ける。

こんな時,友達同士なら「なんか言った?」等,伝えることができるが,
目上の人が相手だとどう切り返せば失礼にならないのかわからない。

仕方ないので話の流れで推察するように頑張る。
最後に確認すればなんとかなる。

聞いてもつっけんどんにしか答えない相手だから,なんか辛い。

以前は私も,そういうもんかと思ってつっけんどんにしてみたら,
相手はあからさまに不機嫌になったので,こっちも腹が立った。

だから,腫れ物に触るように接することにしている。

ちなみに聞こえないのは周りがうるさいから。
機械の音や,店内放送が。

2016年11月11日金曜日

うーん・・・

家にあったお菓子を食べて,袋を捨てようと折りたたむ時に賞味期限が見えた。
おい,嘘だろ,三週間近く過ぎてるじゃないか。
確かこのお菓子を家族が買ってきてからまだ一週間もたっていない。
店にあった時点で切れてたんだな。
そこで迷う。
家族に購入店を確認して連絡しようか・・・。
まあこのお菓子が出現した日に一緒に出現していたレジ袋からして,
お店は推察できたが,一応確認したいし,レシートも保管してるかもしれないし。
でも気が進まない。
前にバイトしてた店かもしれない。
あの店は商品チェックをろくにしていないのは知っているし,今更あんまり関わりたくない。
けど,仕返ししてやりたいぜ,という気持ちもむらむらと湧き上がる。
でも,自分が買った物じゃないし,消費期限ではないから腹も問題なさそうだし。
どうも対応に苦慮する経験をしてしまった。

まぁ私もお菓子だと買う時に期限チェックはしないかもしれない。
でもいちいちチェックしながら買わなきゃいけない店ってどうもなぁ・・・。

働いている人の意識レベルが低いということは,地元の人がバイトするから,
つまりその地域の人間性の表れということでもある。
こんな地域に住んでる自分が複雑な心境になるのである。

店へのクレームは,弁償はいらないから,気を付けて見てくれ,とだけ言ってくる人もいる。
確かに自分が利用する店にはちゃんとしてもらわないと,安心して買い物もできない。
そして,ちゃんとした店が地元に一軒はあってくれないと買い物難民になってしまう。

あと,分業制の欠点。職場の環境や人間関係が悪いと露骨に出る。
期限間近を発見しても「これはあの人の担当だから」と放っておく。
「あの人は他人への文句は立派だけど自分のやってることはこれか」と。
「見つかって怒られればいいんだ」と。

現場の責任者は社員だが,社員でさえ,「これはパートさんの担当だから」と手を出さない。
パートさんはというと,「自分はパートだからそこまで責任は無い,社員が見ているだろ」,と考えている。
こんな風に私には見える。

自分が働く店の商品の販売期限・賞味期限が切れているのを見つけても,
それが他部門のものであれば連絡すらしない。
私にはその神経がわからない。
しかし私は他部門の人から期限切れギリギリのものがあると教わったことがあるし,
それが他の人の担当のものであっても見つけ次第対処するのが当然と思っている。
まぁ私は遅番だから,人が少ない時間帯で助け合う雰囲気がある,というのもある。
人が多い時間帯の人達は,「自分がやらなくても誰かやるでしょ」となるのではないか。

だけど,利用者からしたら,賞味期限すらチェックしていない店は,
有り得ないレベルの最低さという印象なのである。
昔の,お年寄りが経営している小さな個人商店には期限切れの埃かぶったものもあったが,
まさかチェーン規模のスーパーがそれと同じことをしているとは,という感じなのである。

やはり,現場の責任者が若いペーペー社員というのも問題の一つではないか。
パートさんがちゃんとやらない,と言う前に,そもそも仕事をちゃんと指導していないのだし。

2016年11月7日月曜日

そうだったのか!

今更ですが,そうだったのか!

ふと,日本語が横書きで左から書かれるようになった点について調べようと思ったら,
なんと,昔の右から読んでいた横書きは,横書きではなく,縦書きを一文字ずつ書いたものなのだそうです。

なるほど,そうだったのか!
それで納得!
なるほど,縦書きだと思って読めば右からでもそんなに読みにくくない!

ちなみに車体の側面に書かれた文字は今でも右から読むか左から読むか迷います。
有名なのが「ーシクタ」だと思いますが,右横書きというより単に車の前方から読ませるもののようですが,
社名を前から読ませるように右横書きになってるのも見かけます。

バスの車体の文字は左横書きに統一されてきたようですよね。

いやしかし右から読む横書きがあくまで縦書きだったとは,聞けば納得!

しかしアラビア語などは普通に右から書く横書きであって,
右から書く縦書き形式は漢字のように一文字ずつ図形を並べるように並べられる文字オンリーらしく,
そりゃそうだわな,とは思いますけど。(笑)

パソコンなんか縦書きソフトを除いて普通は縦書き不可能の環境だから,
文章も,縦書きでこそ味わえるニュアンスが味わえないなぁ,と思いつつ,
左から一文字ずつ書く縦書きだと思えばまた違った情緒が・・・あるように・・・思います・・・。

2016年11月6日日曜日

引用

『日本の方言』の8ページ目より。

 民俗学者の瀬川清子氏は,この気持ちをこんなふうに書いている。
  (略・・・)私の聴覚はながいつんぼから蘇ったかのように,(・・・略)

どうやら列車での出来事。
久しぶりに故郷の言葉を聞いた時の気持ちとして紹介されている。

長いつんぼ,・・・うまく言い表せなかった私の中のストレスが解放された。
そう,まさにそんな感じ。
聞こえてはいるのだが理解できない,雑音に紛れる言葉,
まるでつんぼになったかのような感覚。
故郷の言葉だけが,クリアに聞こえてくる。

英語のニュースの中で突然日本語が出てきたような感覚に近い。
そこだけ字幕いらんわ,ていうあの感じ。

私には外から聞こえてくる話し声なども,何言ってるのかさっぱりわからなくて気持ち悪い。
全員にスパイ疑惑。(苦笑)
外国で日本語を話すのはあまりよろしくない,と言う意味がよくわかる。
自分にはわからない言葉で周りが会話してるのは非常に気分が悪いものだ。
スパイ疑惑をかけたくなる気持ちもわかるというもの。

けど,「言葉がわからない」などと言おうものなら人間扱いされない経験は痛いほどしたから,
怖くてとても言い出せない。

日本語の方言には藩レベルで分かれてた頃の名残があるらしい,とすれば,
昔でいう別の藩の出身者は外国人同様と思った方が良いのではないか。
なまじ「日本語なんだから通じる」なんて思うから通じない。

2016年11月4日金曜日

そうは言っても

以前,日本語は英語と違ってアクセントが違っても通じる,というのを書きましたが,
いやはや,やはり発音だけではなくアクセントも強敵です。

アクセントが違うと「はぁ?」となってしまうのは否めません。
テレビドラマなどで客観的に見る分には状況からも判断できますが,
いざリアルに話しているのを聞くと「?」になるのです。
やはりリアルタイムというのは処理速度が求められますからね。
慣れないアクセントだと途端に処理落ち,またはフリーズです。
それにテレビドラマはあくまで標準語であってお飾り的に方言の真似事をしているだけです。

2016年11月1日火曜日

仮装かぁ・・・

ハロウィン仮装というより,もはや単なる便乗コスプレの世界になっているようですが,
マリオが多いようなのは毎年驚きます。

というのはともかくとして,もし仮装するなら何がいいかなぁ,と1分くらい考えてみましたが,
そういえば私,子供の頃から僧侶系の衣装に憧れてまして,(笑)
あれを来て堂々と歩けるなら楽しそうだなぁ,と思いました。

宗教問わずですねぇ。
まぁ坊主頭は似合いそうにないので被り物があると良いですねぇ。

何も知らなかった子供の頃は将来の夢は出家でしたからねぇ。(笑)
こちらも宗教問わず。

というか,宗教を知るにつけ,出家はあきらめましたが。

修道院は1日好きなことをやっていて良いと勘違いしていましたから。

ゆったりな衣装が好きですねぇ。

2016年10月30日日曜日

ここんとこ

すごく疲れてるんだけどなぜだろう。

眠い。
エネルギーがない。

一日が短い。

2016年10月27日木曜日

ゴキブリかぁ・・・

そういえば今年はゴキブリの当たり年だったなぁ・・・。

2016年10月24日月曜日

わかりませんが

ニュースでちろっと見た部分しかわかりませんが,
土人発言が問題になった件と,それを擁護したのか的な発言が問題になった件。

水木しげる先生がよく土人という言葉を良い意味でつかっていたので,
私の中でも悪い意味は無かったのですが,
そうか,差別用語だったのか,・・・。

とりあえず今回の件では,ニュース映像だけでは,
その発言に至った経緯がわからないのがもどかしい点だけど,
のちに上の人が擁護するような発言をしたというのを見て,
自分の職場と重ねて同情してしまった。

んー,ここからは土人発言に至る経緯によほどのことがあったと仮定してのことになるけど,
スーパーも,店員が来店者から人扱いされない態度を取られたり,
というシチュエーションは,よくある。

そんな時,上の者が状況を見かねて店員に理解を示してくれればそれだけで店員の心は
随分と救われるのではないか,と思う。
実際は上の者は馬鹿みたいに客の言いなりになるので,想像でしかないが。

だから私は今回の報道で,擁護するような発言をした上の人が叩かれ気味なのを見て,
なぜ擁護したかを検討していない報道に恐怖と悲しみを感じた。

結局,タイミング悪く口の悪い発言をカメラにとらえられたら悪者になってしまうが,
その発言に至るまでの相手からの挑発とか,マナーの悪い行為がもしあったなら,
そういうのも平等に報道した方が良いと思った。

言い返せない立場の店員に対しては客が好き勝手言うのは,
客という立場を悪用したパワハラとも言えるのでは。

もちろん中には相当態度の悪い店員もいるから結局は人対人ということになるけど,
職務中の人とそうではない人のやりとりの中でのトラブルは,
一方的に職務中の側が悪人にされがちなのは良くないと思う。

今回のニュースの件でも,どうせ取り上げるなら,なぜ暴言に至ったかをよく調べた結果までを報道してほしかった。

2016年10月20日木曜日

最近

ここ数日お月さんが綺麗だな。

ただそれだけ。

2016年10月18日火曜日

ぱんぷきーん

そういや最近ハロウィンといえばかぼちゃばかりになりうんざりしてきた。

かぼちゃかぼちゃかぼちゃー!!

かぼかぼ言ってんじゃねえよ!!

お菓子もかぼちゃ味とか馬鹿みたいに出るけど,
実は美味しいのは一握り。

なんでハロウィンでかぼちゃなんだ!!
かぼちゃはランタンだけでオーケー!!

何かっつうと一色に染めたがる日本の風合い。

それはそうと最近呼吸に違和感がある。
風邪だろうか。まさか喘息か。
もっとはっきりしてくれないとわからん。
近年風邪をひくと咳が酷い傾向があるから,気が重い。
咳止めは金の無駄使いだったし。

そういえば昨日,たまたま出てきた,いろんな性格診断があるサイトで遊んでみたら,
ガンダムのキャラに例えると → ギレン・ザビ
西遊記のキャラに例えると → 金角・銀角
だった。

で,ギレンて誰だっけ?と思いつつ,一日考えても思い出せなかったので検索してみたら,
なんか凄い人のようだった。(笑)
どうりで記憶にない訳だ,視聴者にとってあんま身近な存在じゃなさそうだし。

西遊記の金銀の方は,なんか間抜けなイメージがあるから嬉しくない,と思ったら,
説明文によるとホントはいい人達だったらしい。
そうだったのか。
児童向けのダイジェスト版を読んだのもまだ若い頃だったし,
堺正章のを見てたのは小学生の頃だし,
フェイタスさんの西遊記でさえもう覚えていない・・・。
飛べ!孫悟空は,漫画を一冊だけ持ってたけど6年前の身辺整理でブックオフ。
引き取ってもらったけど状態が悪かったし金になってなかった気がする。

ともあれ,私は悪役なのは確かなようだ。
これでスッキリした。
そうだよ,私は悪役ならしっくりくる。
いい人になろうとするから無理がかかる。
私がいい人になったら偽善者だ。
私は世界の半分をもらって満足するタイプさ。(全部仕切るのはかったるいからな。半分でいい。)

他に何かないかなー,とやってみた性格診断。

・16Personalities性格診断テスト

結果は,論理学者(INTP-T)でした。
解説の冒頭はこんな感じです。

INTP型の人はかなり珍しく、全人口のわずか3%を占めていますが、「平凡である」ことが何よりも惨めだと思うINTP型の人達にとって、これは良いことです。持ち前の発明力や創造力、独特の視点や力強い知性を誇りにしています。哲学者や建築家、または空想好きの教師が多く、歴史の中で数々の科学的発見に関与してきました。

3パーセントしかいないのか。それは確かに嬉しいな。
でも,私はそんなに頭の良い部類ではないのに。
私は性格診断の質問の回答は無茶苦茶感情に流されるタイプの返答になるのに,
なぜか論理とか理性とか,そういう類の結果になることが多いのが不思議です。

しかし3パーセントか・・・。
あーでも16タイプの中の一つだからもともと平均もそんなに高くないよな。
とすると3パーセントというのも平均より少なめ程度なのかな。
ただ16タイプ全てに平均的に人口が振り分けられる訳じゃないだろうから,
もしかして凄く人口比率が高いタイプとかもあるのかな?
もしそうなら3パーセントは少ないのかな?
まあでも世の中には私みたいなのが3パーセントは居るってことなのか。

眠い。

2016年10月16日日曜日

言葉遣いの理由

今日は方言についてではなく単に口の悪さについてなのですが,
ぶっちゃけ私は口が悪いのですが,思い返して,理由を探してみます。

いじめがあったので,私に対してだけは乱暴な口をきいてくる人が多かったです。
そのせいで自分も同じような汚い言葉遣いをするようになったとは思います。

けど,いじめが原因でとなると,いじめられてもそうならない人もいるのだから,
その差は何だろうかと考えてみます。

最近『ロッキー』を見直していて思ったのですが,ポーリーの口が悪いです。
比べるとロッキーも喋り方は上品ではありませんが,口は悪くないです。

口が悪くなるかならないかの差は,生まれもった性格なんだろうか,
それとも環境に左右されるのだろうか,
・・・というのも,勿論私も口の悪い奴らのせいで自分も口が悪くなったなんて嫌ですから,
そうなる前の自分に戻りたい訳です。

けど,ふと思ったんです。
口の悪さは,思考回路の現れなのではないか。
喋り方が上品でも言ってる内容が汚い人もいる。
喋り方が乱暴でも言ってる内容は汚くない人もいる。

つまり,私なんかは,喋り方を上品に演じてみたところで,内容がそぐわない訳です。

これは生まれ持った性質なのか,
それとも育った環境のせいなのか,
・・・私はどうあがいても『優しい人』にはなれないのでしょうか。

人を褒めるよりも,憎まれ口を叩く方が気持ちがいい。
マーフィーの幸せの法則なら,これじゃ,私は絶対に幸せにはなれない訳です。

その『口の悪さ』を直そうとすると喋れなくなって,死にたくなります。

映画の世界なら口の悪さも一つのキャラクターですが,現実ではそうはいきません。

けど,褒める時も,人が褒め言葉とは受け取らない言葉で褒めているようです。
無理に曲げると,腹のあたりがよじれて気持ち悪くなるんです。
ようするに,褒め方の基準が多数派とは違うのかもしれないとこの年になって一つの気づき。

こういう,世間との感覚の違いは,持って生まれたものなんでしょうか。
つまり,脳内物質とか内分泌とか・・・?

でも英語だったら素直に褒め言葉や謝り言葉が出てきます。
知ってる語彙が少ないからかな・・・。

2016年10月14日金曜日

この時期の寒さはつらい

ついこの間まで暑い暑いといい体温を下げようとしてきた体である。
急に冬になる今頃の時期は毎年きつい。
気温が中途半端だから暖房もききにくく,エアコンは扇風機と化す。
特につらいのが職場の休憩時間。
むちゃくちゃ寒い。
だから風邪がはやるんだよ。
全く従業員を大切にしない会社である。
あまりに寒いので本気で転職を考えたくなる。

2016年10月12日水曜日

十周年

すっかり忘れていましたがこのサイトも開設から10年たちました。
10年ひと昔と言うなれば,いろいろあった10年でした。
掲載しているゲームもすっかりレトロとなりました。
そして私は人生の正午を過ぎました。

体力は目に見えて落ち,
立ち仕事をしていても足腰は強くならないことを知りました。

夢の中ではほとんど毎日のように子供の頃の家に暮らし,
非常に内向的で懐古主義で悲観的な日々を送っております。
思い出しては悔やむ自分の愚かな過去の行動の数々。

毎日が綱渡りの心境で御座います。

2016年10月8日土曜日

このタイミングで

このブログを見ているのかというタイミングでの,NHKの歴史秘話。

標準語のはじめて物語でした。

一つ付け加えさせて頂きたいとすれば,
東北弁は,あんな風に字幕を付けられるような発音ではありませんよ。(笑)
やはりテレビだからなのか,方言の表現も,発音は標準語式になっていましたね。

テレビでああいうことをすると,実際の方言も単語さえ覚えれば通じる,
という誤解につながりますよね。

いえいえ通じませんから。
方言の関門は発音とイントネーション,アクセント云々…。
しかも背景文化。

しかも,標準語に東京の言葉を採用したのが東京の人だった,
というのはちょっと反感あります。
結局,自分がわかる言葉からしか標準語を作れなかった,ということなのでしょうか。

ぺらんめぇ調が標準語にダメ,て,なんでよ。(笑)
巻き舌が難しいのは確かですが。

2016年10月7日金曜日

とよす

最近のテレビは豊洲報道ばっかりで,
他にニュースはないのかと退屈で仕方がない。
はっきり言って,
豊洲なんかどうでもいい・・・。

こんな時は,DVDだな。

2016年10月6日木曜日

霧が晴れたかのように

DVDでかなり久しぶりに東京弁を聞いたら,
なんか頭の中がスッキリしてきた。

そういえば「日本の方言」にも,そんにようなことが書かれていた。
故里の言葉がその人にとっての生きた言葉,という感覚。

私の耳が悪くなっていた訳ではなかった。
ちゃんと聞き取れる。

それにしても,やはり標準語と東京弁は違う。

まぁ私は東京出身じゃないけど,
それでも東北弁に比べたら,東京弁は天と地ほど違う耳に心地よい言葉である。
子供の頃に聞いていたからだろう。
東北の人は乱暴だと言うけど,私には逆で東北弁が乱暴なのである。

頭では東北ではそれが普通なんだろうとわかっていても,心の片隅ではどうしても,
なぜそんな言い方をするのか,もっと普通に言えないのか,とひっかかってしまう。

自分が返す時も,この言い方で怒らせないだろうか,怖がらせないだろうか,
と考えるので,どうしても不自然な言い回しになる。

これならいっそ英語とか,わからない言語の人と話す方が,
お互いに「わからない」という前提があるから,楽なのではと思う。

そういうノイローゼの中で,私の頭は半分麻痺するのかもしれない。
話しかけられても気づかないのは,一つに,自分にとっての生きた言葉ではないから,だろう。

アクセントの違いも気持ち悪い。
地方から東京に行った人もやはりアクセントが違うのが気持ち悪いらしいから,
気持ち悪い,という気持ちはわかってもらえるだろうか。
蔑視ではない,自分に刷り込まれている言語と違うのは,気持ち悪いのである。
なまじ同じ日本語だから,余計にそうなのである。

2016年10月3日月曜日

原因なぞ

下を向いて仕事をしている時や,横や後ろから話しかけられた時,
頭を動かすと,グラッとくるのでやめてほしい・・・。

また貧血になりかけているんだろうか。

2016年9月30日金曜日

胃が痛む日には

小学生の頃,学校の帰りに,数人のいじめっ子に囲まれて傘で腹を刺されたことがある。
刺されたと言っても刺さった訳ではないが,刺されたという表現がしっくりくる。

私は息ができなくなって座り込み,声にならない声が勝手に出てきて,
泣くというよりうめいていたが,その苦しさと同じくらいにショックだったのが,
通りかかった若い女の人が私をガン見しつつも声もかけてくれなかったことだった。
下手すりゃ内臓破損で死んでたかもしれなかったのに,と思い出すのだが,
その女の人の姿も脳裏に焼き付いている。

あのまま死んでりゃちょっとした事件にはなったのだろうか。
せめて血でも吐けば違う展開になっていただろうか。
大事には至らなかったことを幸運だったとはあまり思えない思い出であり,
胃が痛みだすと,この時のことがフラッシュバックするこの頃である。

勿論胃の痛みなどあの苦しさに比べたら屁でもない。
と,胃の辺りを叩いてみて,うぎゃ,とうめく私は馬鹿か。

2016年9月28日水曜日

あの頃のあの人の年頃

私は20歳前後からトイレが近くなりまして,
当時,職場の先輩パートさんに雑談がてら話したら,
若いから新陳代謝が良いのだろうと言われた。

そして今,そのパートさんの当時の年齢に近いと思うのだけど,(正確な年齢は知らなかった)
未だに,トイレが近いのである。
だから若いから云々は関係なかったようだ,と思うのである。

思うに飲んだものがそのまま出ていくような感覚なので,
あまり水分を必要としない体質なのかもしれない。
などと考えている。

喉が渇いてグングン飲んでも飲み足りないような時は,
トイレはそんなに近くならない。
むしろあんに飲んだのに出てこないなー,という感じになるから,
体が水分を必要としている時というのはなんとなく自覚がある。

それ以外の場合は,ちびちびとしか飲めないので飲むスピードが遅く自分でもイライラする。
もしかしてそういう時は無理に水分を取らなくても良いのかな。

まぁとにかく年は関係なかったということが明らかになりつつあるこの頃なのである。

2016年9月27日火曜日

消えゆく記憶

DVD DL,およそ8GBの二層DVD。
自分のパソコンで使えるのかなぁーと不安げに思いつつ安いのを買ってみたが,
そういえばこのパソコンを買った時に,
バックアップは一層DVDでも二層DVDでも良いという説明を読んだではないか。
全くもってすぐに消える記憶である。
ということで無事に書き込めた。

最近こんなことばかりである。
二,三か月もすれば記憶が消えゆくのである。
もはやROMではなくRAM状態である。

特に名詞系統は全く頭に入らないな。
知らない訳じゃない,知ってるけど名前が覚えられないの,という感じ。

脳は使わないと駄目というけど,
使ってもどんどん忘れていって使う気になれないよ。

まぁとにかく,せっかく覚えたウィンドウズ8.1の操作も,
もうほぼ忘れたようだし。

2016年9月26日月曜日

やばそう

体調が悪いところへ気温の暑さ寒さの変動,
頭が半分寝ているところへ睡眠不足の加算。

睡眠不足というのはあくまで私にとっては,ですが。

同じ睡眠時間でも全然つらくない時もあるのに,
やっぱ最近何かが疲れているように思う。

一年くらい休みたいものだ・・・。

2016年9月25日日曜日

時間がつらい

アマゾンて不良品を着払いで交換してくれるし集荷も利用できていたれりつくせりですが,
交換手続きと梱包でどうしても1時間か2時間はかかるので,
今日やりたかったことが出来なくなったりして,
やはり不良品は嫌なものです。

それでもいざという時にいわゆる「神対応」をしてくれるので,
他の出品者より多少高くてもアマゾンのを注文しますが・・・。

まぁ悪いのは梱包担当者ですよね。
こんな入れ方をしたら壊れるってどうしてわからないのか,
という入れ方をしてきますからね。(苦笑)

オマケに交換手続きをしているうちにその商品が値下がるというのが
いつものパターンなんですけど。
注文のタイミングが悪いんでしょうね,私って・・・。

でも,やはり神対応は安心感が違います。
神対応通販は知ってる限りではアマゾンオンリーですね。

2016年9月24日土曜日

梅雨よりジメジメ

なんですよ最近。
家の中の湿気がたまらん。

で,クーラーも暖房もあまり付けない気温なのが更に良くない。

2016年9月19日月曜日

食った食った

久しぶりに食べすぎて盲腸が痛くなった。
腹パンパン!

(いや盲腸は空腹でも満腹でも毎日痛いのだけれど。食べ過ぎたのが微妙に久しぶり。)

それにしてもいつも「早く次の休みが来ないかなー」と思っているので,
休みから休みへの綱渡り状態で,一か月が光の速さで過ぎていく。
そして私は無為に年を取っていく。

よく脳活で懐かしいことを思い出すのは脳の活性化に云々とあるが,
私は活性化どころか悲しくてフリーズしてしまうよ。

2016年9月18日日曜日

意識が半分ない

一日中眠い。
常に頭の中の何かが寝ている。
声を出すエネルギーがない。
時々意識が飛んでいる。
車の運転が危ない。
物の置き場所を忘れる間隔が短くなった。

心の病というのは眠れなくなるのが基本らしいから,
一日中眠いから違うのだろう。

もう作り笑いの気力もなえてきた。

そうすると多分感じの悪い奴として嫌われるだろうから,
ますます居心地が悪くなって気力がなくなるだろうな。

辞めるも地獄,続けるも地獄。
だから人はうつになるんだろうけど,
不眠ではないからうつではないのだろう。
食欲もいらないほどある。

2016年9月15日木曜日

長雨

大雨がもたらしたもの。
それは草ボーボー。

2016年9月13日火曜日

雨だ・・・

涼しくなりすぎて寒い。
暑いか寒いかじゃなくて,調度良い快適な温度湿度になってほしい。
それが出来るのは春と秋だけなのだから。

最近屋根裏が騒がしい。
曲者!と思って天井をつつく。
イヤホンしてDVDを観ているのにガサコソ気配がうるさい。
ハットリくん。

ネズミだと思うけど。
ハクビシンとかデカい動物だったら怖いな。
音からすると一匹かなとは思うけど。

野良猫の巡回コースに入っているわりには時々ネズミが入ってくる。

2016年9月5日月曜日

腹が痛い

腹部のいろんな所が痛む。
主に胃袋の辺りだが,
右側だったり,左側だったり,
背中も痛いし,
いつもの盲腸付近の痛みも姿勢によっては強烈になる。
まぁもし血でも吐けば病院に行くかもしれないが,
どうもイマイチ病院に行って高い金かけて検査するほどのことでもない。
でも歩くと響く。

そういや

そういや九月になっても暑さが続くな今年は。
昼間はこんなもんかとしても,
夜が涼しくならない。
蒸し暑い。

自分の体調の悪さもあって,
妙に暑い。


(体調が悪いので仕事中に「帰りたーい」のCMの歌が頭の中に流れる。
 というかもう出勤途中の車の中ですでに帰りたくなっている。
 もちろん家を出る時も「行きたくないなー」という気持ちがよぎる。
 でも,世の中お金が全てなので時給をもらう為に重い心と体をひきづる。
 仕事は嫌ではありませんが職場の雰囲気や社風が嫌である。ふぅ。)

2016年9月4日日曜日

酔拳のDVDがほしいんですが,
謎なことに,英語版しかない・・・ようである。
日本語吹き替えも入ってるようだけど,
オリジナル版も観たいのに,
英語じゃすでに吹き替えられてるってことだよね?
謎。

2016年9月3日土曜日

9月なんですが

夜も暑い日が続いています。

もちろん昼も暑いです。

暑さにも慣れましたが,
服がすぐに汗臭くなるのが嫌だなぁ。

2016年9月2日金曜日

ネットでですが

ネットで見た情報,というと頭から馬鹿にする人種もいるので上のようなタイトルにしてみましたが,
人間アレルギーというのがある,というのを見たことがあります。

その人のどこが嫌,というのではなく,
もはやその人の存在自体が異質のものとして認識されアレルギー反応を起こすというもので,
もちろん「異質で受け入れられない存在」と化すまでは様々な積み重ねがある訳ですが,
そうなるともう,その人のやることなすこと全てに拒否反応が生じるようになり,
それが特定の人間に対するアレルギー,人間アレルギー,というような内容でした。

私はこの言葉にすごく納得しまして,
以来,特定の人の声が聞こえてむしずが走るような気持ちになると,
「まさに人間アレルギーだな」と思うようになりました。

そう思うと不要な怒りに囚われずにすむ。

アレルギー反応なんだから仕方がない,
アレルゲンには近づかないに限る,
自分にとってアレルゲンだからといって,バルサン炊いたりしませんので安心して下さい。
忍耐と寛容です。

2016年9月1日木曜日

怖い言葉遣い

50代の女性に多いのが,
東北語とおねえ言葉が混ざっている人。
というよりおねえ語で東北語を話す?というか。

この人達の喋り方はとにかく怖い。
どうしてもなじめない理由の一つである。

しかし60代を越すとおねえ言葉はあまり無い。
不思議である。

50代の人たちが若い頃に東北でおねえ言葉がはやったのだろうか。
当時の映画やテレビドラマ,果ては少女漫画まで,
女性役がバリバリのおねえ言葉だったのかもしれない。
(実はよく知らないけど。)

50代というのは謎の世代である。
全く理解できない。

クソババアというのは前にも書いたように「そういう人種」のこと。
普通の女性を「クソババア種」と呼ぶ訳ではないことを念を押しておく。
「オバタリアン」ともちょっと違う。
かといって「ババア」という響きとも違う。
「クソババアという人種」なのである。
前にも書いたと思うがクソババア種というのは子供の頃からクソババア種なのである。
ほぼ生まれつきと言ってもいいだろう。
だから決して年齢ではないし,女性への蔑視の意味も無い。
たまに男でもクソババア的人種がいるが,クソジジイという響きでは何か違う。
クソババア種男性目あたりだろうか。

とにかく50代東北女性は「クソババア率」が高い。
むしろそうじゃない人をまだ見たことが無い。
そうじゃない人もいるんだろうけど,希少種である。

50代の人達が生まれたのは50年前。
50歳であれば1966年生まれ?

まあそれはともあれ,
とにかくおねえ言葉で東北語を話されるとすげえ怖いというのが発見なのである。
鬼シュウトメ役はこの組み合わせで演出すれば最強に怖くなること間違いなし。
朝ドラにどうですか。

2016年8月30日火曜日

てぇふう

進路予想を見る限り,やばそうなのは岩手青森辺りの沿岸部じゃなかろうか。

でも,やはり北上してくると海水温も下がるだろうし,
気圧も上がり気味のようだし,
やはり東北に直接上陸といっても,
東海辺りに上陸する時よりは威力が下がってると思う。

それにしても,雨がどの程度降るかは嫌な所。
ここ数日ダラダラと降り続いていて川はすでに半分くらいの水位になっているから。
やや気がかりなパターン。

などと内陸では言っていられるが,
沿岸部は要警戒のはず。
東北地方太平洋側は弱っちい台風しか経験していないから。
地盤も沈下しているし。
なんだかんだ言って台風をなめている所はある。

そういう私が一番なめているようだが。

2016年8月28日日曜日

寒いから

なんか寒くなってきたからエアコンの暖房を付けた。
湿気が取れてあったかいけど音がうるさいからハロゲンヒーターに変更。
今年はものぐさで出しっぱなしにしていたのさ。

暑さに慣れていたからか室温25度でも寒いや。

2016年8月27日土曜日

方言は幼児語?

方言について調べてみたら,子供の頃に直された言葉遣いが,
実は方言だったようです。
方言辞典に載っていまして,懐かしく思いました。

多分,神奈川や東京ではそうやって「間違った言葉遣い」を直していった結果,
方言が絶滅危惧種になったのではないか,と思いました。

東北では,そんな風に子供の方言を矯正しているような話は聞いたことがありません。
テレビの影響で自然に「テレビ語」に近づいているだけのようです。
アナウンサーの言葉ではなく,タレントの言葉の方に,ですが。

で,テレビに出てる人が神奈川弁「じゃんか」の短縮形「じゃん」をよく使い,
それが全国共通語のようになってしまったのでは,と。推測。
ただ私としては方言辞書にもこの用法での「じゃん」は神奈川方言とあるのに,
東京方言として全国に認識されてるらしいのは不愉快ですが。(笑)
ちなみに山梨のじゃんは用法が全然違うようで別の言葉のようです。

神奈川方言はこのように全国区になってしまったり,
幼児語として矯正されたことで途絶えてしまったのではないかと思います。
というか幼児語にも各地方によって方言があるようですね。

辞書をみると神奈川弁はいかにも「昔話に出てくるような言葉」です。
昔話の「田舎っぽい語」は東北弁ではなく東京近辺の言葉に近かったんですね。
東北は「田舎」ではなく「異国」ですからね。

人をシトだと思っていたあの頃,幸せだったなぁ~。
玄関はゲンカだったなぁ~。

知ってる? 知ってない。

2016年8月26日金曜日

もしかして

日に日に頭痛の頻度が増してきた。

つい顔をしかめてしまうような頭痛。

一瞬の「ぴきーん」だったり,
数秒間続く「ずきんずきん」だったり,
うなじから頭にかけてしめつけられる感じだったり。

これはもしかして,
慢性の「頭痛もち」デビューなのだろうか。

いや,まだ慢性と決まった訳ではないぞ。

2016年8月25日木曜日

台風来たらしい~

東北地方に台風は滅多に来ないが,
先日のは,来ました。

他の大雨とはまた違う台風特有の降り方でした。

ただ,最近はゲリラ豪雨という奴があって,
夕立が台風似の降り方をする事もあるが,
やはり台風は違いますね。

とはいえ,台風と思われる風雨はほんの数時間でしたが。

滅多に台風が来ない地域としては,懐かしさを感じました。
子供の頃住んでいた所では,よく台風で停電しました。

東北では,「台風が来る」と聞いてそのつもりで身構えていつも肩透かし,
そのうち台風に対する緊張感をすっかり失い,
台風の雨風がどんなものだったか忘れかけていました。

不謹慎かもしれませんが,
停電で肩を寄せ合った頃が懐かしいのです。
台風とはそういう存在でした。

東北では湿った雪が降るとよく停電しましたが,
今では対策工事されたこともあって,
停電の危険性が高いのは雷のみとなりました。
その雷も,近年は少ないです。

まぁ良いことなんですが。

台風に対するノスタルジーを地元の人とは共感できなかったので,
悲しさと孤独感が強くなりました。

やっぱ,育った環境が違うと,ちょっとした言葉一つでも,かみ合わないものなんですね。
私は各地方の人と渡り合えるような饒舌ではないですからね。

2016年8月22日月曜日

台風来るのかぁー

明日の天気予報,豪雨って何だよ。(笑)
嫌だなー。
濡れたくねーよー。


2016年8月20日土曜日

変動しすぎ

アマゾンの値段の変動幅は大きすぎると思う。
そりゃ安いタイミングで買えれば嬉しいだろうけど,
買った直後にガクッと下がれば,
「金返せ!」って思う。

安定した価格の店の方が安心して買えるというメリットがある。
多少高くても「この価格でしか売ってないなら」という安心感がある。
ところがガクッと値下がるかも,と思うと,
全く買うタイミングがつかめない。

出品者みたいに10円ずつじわじわ下げる,ていうんならともかく,
次の日突然何千円も下がったりするのはさすがになー・・・。

実はアマゾンで一番怖いのは,自分が買った後の値下がりなのである。
やめてほしい。

2016年8月16日火曜日

血の味

鼻血が出たー。
しんどい。

毎回おんなじとこから出てると思う。

服に血がついたから急いで洗った。
落ちたと思うが,乾いてから浮き上がったらショックだなぁ。
安い服だけど服が駄目になると買いに行くのが面倒くさい。

だいぶクセになってるのか,最近の鼻血は映画のように流れ出てくる。
気づくのが遅れると血液反応をまき散らしてしまう。

ただ,鼻血って,すっげー流れ出たように思えても,
しょせんはティッシュを数枚濡らす程度だ。
キッチンペーパーも割と便利。

2016年8月15日月曜日

気になりだして止まらない

また観た。
むー,なるほど。
で,見終わるとまた観たくなるこの魔力は何なんだ。

2016年8月13日土曜日

痛みに耐える

歯の痛みと頭の痛みが日に日に増してきた。
歯と頭痛が連動しているのかどうかは,
歯を抜いてみればわかると思う。

首も痛いし胃の辺りも痛い。
足と腹の古傷も痛い。

そんな中,龍拳のDVDを三回。
字幕版と吹き替え版の違いが気になりだして止まらない。

2016年8月10日水曜日

人生は地獄

最近過去の嫌なことばかり蘇ってくる。
嫌なことだけがフラッシュバックしてきて憎しみが溢れてくる。
そのことに関わった人を全員殺したいと思うくらいつらい気持ちになってくる。

あんな奴らには天罰が下っているに違いない,とか,
これから落ちるに違いない,と思うようにしている。

そして,二度とあのようなことがないようにと,
護ってくれるようにと,祈ることしかできない。

こんな辛い経験をしているのは世界に自分だけなのではないかと思える。
似たような思いを抱いている人と語り合えない限り,
くつがえされないだろう。

2016年8月7日日曜日

気質

各地方の人達の気質を語るのは,
どこの人達なのでしょうか。

例えば,東北の人は○○だ,とか,関東の人は○○だ,とか,西の人は○○だ,etc...

たぶんこれらは,よその地方から見た,その地方の気質,なのではないでしょうか。

でも,その地方の気質は,実際にそこに住んでみないとわからないと思います。
旅行で行った場合は,あくまで旅行者に対するよそ向きの顔を見るだけでしょう。

それと,自分で自分のことを語った言葉,というのも信用なりません。
例えば,関東の人が「関東人は○○気質だから」とか。

そもそも,一人一人の性格が全部その地方の気質にあてはまるわけではないのは勿論のことですが,
でもまあ,おおまかな文化は影響していると思います。
日本人が,一人一人信仰が違ったとしても,日本で育てば神道の文化が根をはるように。

話を戻すと,各地方の県民性みたいなものを作り上げているのは,東京人でしょうか?
上京してきた人達を見て東京人が語ったことを,その土地の人が真に受けて地元に持ち帰り,
その地元で「俺たちは○○だから」と広まったのではないか,という印象が私にはあります。

「お前は優しいな」と言われれば「俺たちは優しいから」,
「お前は馬鹿だな」と言われれば「俺たちは馬鹿だから」という具合に。
あくまで例です。

星占いや血液型占いのように,
作られたイメージを与えられてそれに自分を当てはめて語るようになると,
実際は全然違う,ということに気づかなくなりがちです。

2016年8月6日土曜日

近年

言いたかないけど「ゆとり世代」なんでしょうか,
最近の新社会人層はピンキリが激しいと感じます。

ゆとり教育ではなく,別の何かが原因のように感じますが。
ちょうど層としては「ゆとり」と呼ばれる層と,
「ゆとり」よりやや年上の層に重なるんですよね。

もちろん,私も褒められるタイプの若者ではありませんでしたが。

近年は「教える先輩」がいないのではないかと思います。
私の頃は上の人達からちくちく言われましたが,
今の若い層にはそれがないようです。

言う人がいない,指導する人がいない,
指導しようものなら辞めていくか,モンスター親が登場するのでしょうか。

でも,大人としての礼儀くらいはキチンと指導してやってくれないと,
外に出て何かの窓口に接する度に私らは嫌な思いをするのです。

その辺りには「鬼上司・鬼先輩」なるものがいてほしいものです。

わきあいあいが良い場合ばかりではありません。

私の職場も,なぁなぁな雰囲気が漂っています。

こういう近年の空気が,「日本製」の信頼性を崩したのだろうと思いますし,
礼儀もマナーも知らず,デリカシーのない人々をのさばらせているのかもしれません。

このままだと日本と中国に差がなくなりそうで恐怖を感じます・・・。
中国にも礼儀という文化はあったようですが,
日本人もそのうち列に並ばなくなるかもしれません。

病院も信頼できない人間ばかりになるかもしれません。
食品も偽装ばかりになるかもしれません。

義務教育という土台が機能しなくなりつつあるのかもしれません。
その上,企業も社会人教育をしないとなると・・・。

部下がちゃらけていたらその場でピシっと注意する上司,
そういう存在が今の日本には必要です。

2016年8月2日火曜日

はっつぁん

八月か・・・。
つらい季節だな・・・。
世間はバケーション,スーパーは地獄。

そこへ追い打ち,夏休みの為,うるさいのがうろちょろする。
買い物に関係ない「付き添い」が通路を塞ぐ。

特にスマホの奴が迷惑。
なんであんなのを連れてくるんだ,親。

FFなら押せるのにな・・・。

2016年7月28日木曜日

文化の違いか

方言関連で検索してると,テレビでは人気の関西弁が,現実生活では不評のようです。

関西弁というのは,文脈からすると,大阪弁,京都弁あたりか,
つまりだいたい近畿のあの辺りを指しているようです。(わかりません)

言葉そのものというよりも,
・いちいち突っ込んでくる,
・イヤミを言う,
といったような,性格面,というか文化の面で嫌っている場合が多いようです。
そういう習慣を実行する関西弁自体が結果嫌われた,ということのようなので,
嫌いな理由としては方言ではなく文化の違いかと思います。

しかし,言葉は文化と表裏一体というか,思考パターンそのものをも表すという性質も考えれば,

その言葉の使い手のことが嫌いだとその言葉のことも嫌いになり,
その言葉が嫌いだとその言葉を話す人のことも嫌い(苦手)になる・・・,

ということが考えられますと思います。(笑)

いや,かっこ笑いつけてる場合よりも,
言葉だけで好き嫌いを判断する場面は,思いのほか多いのではと思います。

極端な話,外国に長期滞在している時に,
日本人なら,日本語を話す相手だというだけで気を許す危険性があるわけですよね。
国内でも,よそで同郷に会ったら根拠もなく親しみを感じるのかも?

で,関西弁というのは,やはりどちらかというと人気があると思いますよ。
なのに,実際に関西人と接した人が関西人(関西弁・関西の文化)を嫌う傾向・・・,
わかる気もします。
が,それを言えば,全国の言葉はお互いにお互いの言葉を嫌い合っているようにも思います。

狭い日本でも,天下統一はまったく出来ていない訳ですね。

だから,簡単によその言葉を嫌いますが,
自分の言葉もよそからは嫌われてるんだという自覚は持った方が良いと思います。
自覚があれば,嫌い合っててもいいと思います。
ただ,自覚もなくよそを簡単に嫌う場合は,その人の人としてのレベルというんでしょうか,
そういうのが低いだけだと思われても仕方がないと思います。

私の場合は,
もし自分の文化が相手から馬鹿にされたら,その相手の文化のことを嫌いになると思います。

2016年7月24日日曜日

個人差

どこの方言に嫌悪感を持つかっていうのは,個人差があるようです。

音の響きやイントネーション,文化・習慣が合わない場合と,
その方言でいびられた経験などがあって嫌ってしまう場合。

どこの方言にも嫌悪感を持たない人というのは,幸いにもそういう経験がないか,
単によその方言に接したことがないか,なのかなと思います。

旅先で嬉しい経験があると,その旅先の方言に好感を持つのかもしれません。

だから何だと言われてもなんですが。

ちなみに単にネットをうろついてみて思ったことですので・・・。



・・・けど,地方の人がいわゆる標準語を「冷たい」とか言うのはなぜなんだろう。
そして方言を「暖かい」「感情が豊か」などと言うのはなぜなんだろう。

それは東京弁に対して?
それともアナウンサーの言葉に対して?

私はアナウンサーの言葉を「冷たい」とは思わないし,
方言の方が「暖かい」とも思えない。

自分が一番親しんでいる,母語となる言葉が一番暖かく感情も伝わりやすく感じる,
ということなら理解できるが,だからといって標準語に冷たさは感じない。

だから,テレビなどでよく聞かれる「標準語は冷たいね」というコメントにはいつも「ん?」となる。

2016年7月20日水曜日

どこの言葉?

そういえば子供の頃,あんたがたどこさの歌詞の意味がわからなかったなぁ。

わからないからなかなか覚えられなくてさ。
しかも子供同士の口伝だから。(笑)

今から思えば,熊本を地名として認識してなかったから,結局どこよ,て感じだった。

で,歌詞の意味といえば,「さ」がわからなかった。
どこさ,とかさ,(笑)
語尾に「さ」が着くのが呪文のような響きだった。

どこの言葉なんだろうか。

歌のゆかりは埼玉説と熊本説とあるようですが。
私の中では関東地方かなー,という印象がありますが。

だって「熊本どこさ」ですからね。
どこか遠い国のことを聞いている感じだなと思います。
きな臭い響きもあります。
戦争の話だと教わったような遠い記憶が。
そのせいもあって怖い雰囲気があります。
手まり歌なのに怖いよー,て感じで。

まぁ子供の頃は全世界が神奈川県だと思っていたので。
神奈川のはじっこの方に木の葉が多い熊本てんばがあるんだろうなー,と想像してた。

歌一つでいろいろ思い出す。

2016年7月17日日曜日

てんばじゃないのか!

あんたがたどこさ~ の歌詞が長らく出てこず,頭の中ではずっと,

『てんばさ,てんばどこさ,熊本さ,熊本どこさ,てんばさ・・・』
と無限ループしていた。

そこへふと,今日,風呂で頭の血行が良くなったのか,
『てんば山にはたぬきがおってさ,それを猟師が鉄砲で撃ってさ,煮てさ,焼いてさ,食ってさ』
と出てきた。

ぬ,なんと衝撃的な歌詞・・・,と思いつつ,今度はその先が出てこず,
『それを猟師が鉄砲で撃ってさ,煮てさ,焼いてさ,食ってさ』
が無限ループし始めた。

このままではたぬきが絶滅してしまうと思い(うそ),ネットで続きを調べてみた。

食ったあとは,『それを木の葉でちょいとかぶせ』となっていた。

なんだそんなに短い歌だったのか。
インドの山奥替え歌みたいに永遠に続く歌なのかと思っていた。

言われてみればメロディーも出てきた。

しかも,てんばじゃないのか。
せんばだった。

せんばってどこ?(笑)

2016年7月16日土曜日

頭重

ずじゅうと読むようです。

首こりも続いている。
寝違えたのだろうかとシップなど貼ってみている。

何かの病気を疑うよりは,
ス・ト・レ・スなのでは,と思うのですが。

ストレスは病名がつかないのに体は辛いから一番厄介といえば厄介です。
(逆に病名がつくとホッとしたりしますからね。)

とりあえずこれ以上太らないようにしなければ。
ス・ト・レ・スのせいで過食が唯一の楽しみになっている。

2016年7月14日木曜日

自覚

方言をキッカケに言葉や発音を意識するようになって,
自分の発音がわりと訛っているかもしれないことを知った。

ということは,自分が標準語とは違う発音をしていることに気づいていない人は,
結構いるのかもしれない,ということに思いをはせた。

自覚がないと,録音した自分の声を聴いても,訛りや発音の特徴に気づかないことを悟った。

自覚してからは,そちらに意識がいってしまい,言葉が円滑に出てこなくなった。
また,相手の言葉についても,額面通りに受け取っていいのかわからなくなって,
数秒程度考えてしまうようになった。
(これは何だ,方言なのか!?何か違う意味があるのか!?と勘ぐる癖がついてしまった)
まあ軽い混乱状態。
"踊れなくなったムカデ"のエピソードを思い出す。

私がいくら「ですます調」を使っても,発音で見抜かれてしまう(らしかった)。
そもそもは目上の人に対してタメ口が出ないように普段からデスマスを使うようにしていたのが,
次第に方言隠しも兼ねるようになり,ほんとに矯正されてるのか混乱状態。

で,50音の発音の訛りそのものを標準語発音に直すのは,
不可能なのではないかと思い始めた。

まぁこれを実現してアナウンサー等の喋る職業になった人達も世の中にはいる訳だけど,
なんかもう尊敬するしかない。
私のアクセントと発音は標準語になれる気がしない気がしてきた。
あ行の発音,母音というのか,これがどうすればアナウンサーの発音になるのかわからない。
声のクセや個性を横に置いても,「あ」が「あ」になってない自覚がしてきた。

周りの友達みんながそういう発音だった時は気にならなかったが,
発音が違う地域に住み,方言に興味を持って発音の違いを意識すると,
テレビを見ていて自分と似た発音をしている人がいると「耳につく」ことに気がついた。
なぜなのだろう,親近感よりも先に「耳につく」のは。

自分が「自分は絶対にあんな喋り方はしていないぜ」と思っていた発音だからである。
子供の頃,身近な友達がしていた発音であり,まさか自分もその発音をしていたとは,という,
驚愕の事実を突きつけられたからかと思う。

方言を自覚する時って,みんなこんな感じなんだろうか?

英語も,発音の違いがわかるようになるにはまず自覚がいる。
英語をかじってみて,言語にはいろんな発音があるんだと知った(自覚した)から,
方言も,発音が違うことを理解できるようになった。

そして,私が東北の発音や標準語の発音を出来ないのと同じように,
東北の人たちも標準語の発音をできないのかもしれないと理解できるようになれた。

日本中の人がテレビを見て同じ言葉を聞いているのだろうになぜ喋ると訛るのかが不思議だったが,
私だってテレビを見て育ったのに訛っているじゃないかと自覚した。(笑)

テレビの言葉は流行語として各地に入りこんでいく。「じゃね?」みたいに。(笑)
方言に流行語がミックスされるだけで,方言には方言という土台がある。

スラングが共通語化したり,方言がスラング扱いになったりもする。

でも,とにかく標準語が作られて良かったと思う。
標準語が無かった昔の人の苦労を思うと狭い日本,広い日本。

いろいろ遠回りしたけど自覚するって大切だと思う。
この日本に日本語の標準語を話している地域は無いことを,義務教育で自覚させるべきだと思った。

2016年7月11日月曜日

軟弱体質

最近疲れが取れなくて,3連勤でさえキツい。

今日は起きるのがヤケにつらいなと思ったら,
時計を見間違えて,一時間早く起きようとしていた。
間違いに気づいて「あ゛,あと一時間眠れる」という救いを見出した。

でも一時間後に起きるのも結構つらかった。

なぜこんなに疲れが取れないのかはわからないが,
とにかく疲れて休日も何も出来ない。

そんなに睡眠不足でもないのだけど。

それとも自分的には睡眠不足なのだろうか。
自分の適正な睡眠時間がわかればいいのになー。

2016年7月9日土曜日

むこうずね

しじみっ貝は東京弁で内弁慶のことらしいが,
私は仕事中に弁慶の泣き所をぶつけることがある。
あの時ほど貝になりたいと思うことはない。

出来ることなら周りの物を全て壊したい気持ちになるが,
それをこらえて貝に閉じこもりたくなるのである。

2016年7月8日金曜日

言葉が違うと

笑いの発音も違う。

外国人もそうだが,日本語であっても,笑い方が「あはは」であっても,
「あはは」の発音が違う。

だから違和感があるのかもしれない。

同じ母語同士なら「なんでそんな笑い方をするの?(嫌味なの?)」と言えるが,
方言だとすると,難しい。
発音からニュアンスを推測する,ということが難しい。

・・・・・はぁ。

2016年7月6日水曜日

貝になりたい。
と思うことは結構ある。

閉じこもりたい時は閉じこもり,
気が晴れてる時はスイスイ泳いでみたり。
眠い時は好きなだけ眠る。

自分の殻に閉じこもりたい。
言葉もジョークも通じないし。

2016年7月2日土曜日

ネイティブ音声

全国方言辞典,
ネットで見られるけど,本にはネイティブ発音のCDが付いているので,買いました。
やっぱ,文章からは発音がわかりませんからね。

で,聞いてみてわかったこと,(あくまでこのCDではですが)

その1。
新潟までは東北寄りだけど,富山から近畿寄りに傾く印象。

その2。
いわゆる東北訛り(50音の発音がZUZU系)が,
新潟,茨城,栃木には感じられるが,群馬,埼玉,長野,千葉あたりからは感じられない。

その3。
東北系の発音は標準語とはだいぶ違うが,
西日本は発音自体は標準語に近い。(但しアクセントが違う上に訛りも無い訳ではない)
但し山梨は,なんか独立してる感じで不思議。周囲とのつながりがあまり無い。

その4。
奈良が面白い。
千葉が江戸っ子。

その5。
宮崎,鹿児島,沖縄・・・。なるほど,噂には聞いていたが,難しい・・・。
実は日本語の古語の影響が残っているのだそうで,
昔の日本語の面影が感じられる。(ような気分になる。)


奈良の面白さはたまらんですよ。(笑)
話者がたまたま面白い人なんですかね?(笑)
千葉についても,たまたま歯切れの良い人が担当しただけですかね?(笑)

北海道はずうずう訛りではないようだ。

トラック順に聞くと東京→神奈川なのですが,急にガラが悪くなります。(笑)
一発目が「あんでよ」のせいもありますがね。

私は友達間限定ですが「なー」「よー」「べ」はよく使った記憶があります。
方言というより友人同士のノリだと思っていました。
友人の親類がはえぬきだと,まず友人が影響を受けて,それが友人間に広まることがありました。
逆に,全く広まらない訛りもあり,
語尾変化ではなく発音そのものが訛るケースは流行らないようでした。

東京の「しじみ貝」は私は言われたような記憶があるような気がする。
なんかいい響き。(笑)

おれ,しじみっ貝,おれ,しじみっ貝,
ここ,おれのうち,ここ,おちつく寝床,
おれ,貝だから,こいつの言葉わからない,おれ,貝だから,こいつの気持ち,
ぜんぜんわからーなーいーーー。

2016年6月30日木曜日

やまてせん

西部劇でヨドバシカメラの音楽が流れると頭の中がヨドバシの歌詞でうまってしまう。
そして,そのたびに「なぜやまてせんなんだ」と虚空に問う。
(東京の電車。ヤマノテ線と読む。でもヤマテ線でも通じる。)

画面は西部なのに,頭の中には山手線じゃあ~~~!!

まるで西部劇に日本の歌が流れているみたい。

2016年6月26日日曜日

あはは,なるほどなー

若い頃は関東地方は全部同じ言葉を喋っていると思っていた。
ホント。

東北は東北弁だと知っていたし大阪とその周辺は関西弁で九州は九州弁だと大雑把に知っていた。
だが,その他の知らない所はとりあえず標準語だと思っていた。
ここでいう標準語とは,神奈川弁も標準語だと思っていた,というレベルの標準語なのだが。

つまりその基準では,栃木や茨城や長野や群馬や静岡や山梨や新潟の方も標準語,
まさか訛りがあるとは知らなかった。

その程度の知識で東京に引っ越したら,なんか変な喋り方をする人達がいた。
栃木と茨城だった。

普段は標準語だが,何か妙な耳につく喋り方をするのだった。
私はそれを当人たちの性格だと誤解していた。

方言辞典で,あの喋り方自体が方言だったとわかった。
なんか苦笑いがこみあげた。

そうそう,こんな感じで喋ってたー。(笑)

はぁ,知らないって罪だな,と思った。

埼玉出身の人は,自分は埼玉だから東京とは言葉が違うんだ,と言って,
私のことも,なんか違うなと思ったけど神奈川と聞いてやっぱりなと思った,と。

その時はピンと来なかったけど,方言に興味を持った今は,
そうか,わかる人にはそういう違いもわかったんだなー,と思い出に感心してしまった。

私も今なら意味がわかる。
その人のように聞き分けまで出来るレベルではないにしても。

祖父母の代からその土地にいる人は,
古い方言を知っている。
方言らしい方言は使わないにしても,イントネーションそのものが方言になっている。

奈良の人がですます調の標準語なのは不思議だった。
通じないだろうから隠ぺいしている,と言っていた。

2016年6月22日水曜日

が行鼻濁音

恥ずかしながら長らく「はな濁音」と読んでいましたが。

子供の頃は普通に使っていたし今も使っているつもり・・・でしたが,
心の中では鼻濁音でも,声にだすと固いガになっていることに気づいたこの頃。

最近日本語を忘れているし,口の中もむくんでいるし,
鼻濁音うんぬんの前に滑舌がすごく悪い。

私も「○○ガ」という固い発音をしているのかなぁ・・・。
子供の頃は友達が言っていると違和感があった位なのに。

唐突だけど周りにオタクがいないのは本当につらいな。
オタク友達がほしいなー・・・。

オタクは全般的にゆっくり喋ってくれる。
家族構成なんか聞いてこないし,プライベートなことには干渉してこない。

親しくもないのに慣れ慣れしいパンピーは大嫌いだー。

方言以前にオタク以外の言葉と文化が馴染めないし,
正直なところ一般人は無神経なので大嫌いなのであります。

オタクはオタクで人間的に欠けてる心配りとかがあるけど。(笑)

しかし東北だから周りは鼻濁音だらけのばすなのに,
逆に鼻濁音が言えなくなってたとは驚いたー。

2016年6月20日月曜日

出身地当てゲーム

あなたの出身地、ズバリ当てちゃいます! 東京女子大学篠崎ゼミが開発した「出身地鑑定!! 方言チャート」

てゆうのを正直にやったら,なぜか岡山県・備前と出た。
不思議ちゃん。
いろいろ混ざってるんだろうな,と思った。

そんでコレ何回かやってみてズルいと思ったのが,
「ア・テスト」で神奈川に一発決定されること。
これ方言じゃないだろ,と思った。
「近所に東京タワーがある」という質問で「はい」にすれば東京決定みたいなものじゃんかよ。
ちゅんと方言で勝負してくれよ。(笑)
ちなみにひねくれて「ア・テスト」で「いいえ」にしたら東京都になった。

岡山で賛成です。
偶然にも最近方言本で岡山の方言紹介を見ましたがさっぱりわからなかったことからも,
私は備前の出身なのです。(笑)
東京女子大篠崎ゼミには逆らえませんから。(笑)

ぶっちゃけ,全然練られてないチャートだなと思いました。
残念。

2016年6月19日日曜日

いつのまにかね

長らくまともに話していなかったからもう日本語を忘れてしまってね。
何か話すたびに「どう答えりゃいいんだ」と考えて変な答えをしているよ。
こっちの言ったことも聞こえているのかいないのかわからないよ。

会話の進め方もわからないよ。

何を言っても相手が不機嫌になりそうで怖い。

郷里が違う者同士が結婚するとこういう不幸が起きるんだよ。

2016年6月16日木曜日

あったのか

gooに全国方言辞典があった。
興味があったけどちょっと高いなーと思っていた本。
ネットで見られるとは。
いかにネットを活用していないかがあらわになった。
見てみたら,面白い。
例文が。

方言辞典の類は単語しか無いものが多いが,
この辞典には例文が載っていて,しかもその例文が面白い。
神奈川弁も載ってる。

で,新事実。
というか,やはりかもしれないが,
語尾伸ばしだわ。(笑)
例文の中に「ー」がいくつも使われとるわ。(笑)
他県のと比べると,なかなかこれほど「ー」多用の言語がないわ。
もしかしてというかやはりというか,女子大生喋りの発生源は神奈川弁か・・・も。
神奈川弁のリズムが当時の若者風に変化したものなのかも。
決してぶりっ子ではない。
れっきとした方言。

昔のネサヨ運動にもなったらしき,ねー,さー,よー。
なぜか不良だと思われる。
このイントネーションが女ならぶりっ子で,男ならキザだと他県から言われる。

いや,方言ですから。

この辞典によって,堂々と言えるようになる。

方言を馬鹿にしないで下さい。
私はどこの方言も馬鹿にしたことはありませんよ。
なのに神奈川弁がよってたかって馬鹿にされるのはなぜ。

と,思ってしまった。

東京弁も,けっこう乱暴だが,東京弁をもっと崩した感じが神奈川弁だった。
これは確かにねさよ運動しなきゃなと思う・・・けど,
それを言ったらどこの方言もよそから見れば乱暴に感じる。

2016年6月14日火曜日

フロイトさん

フロイトさんはユダヤ人だった。
ユダヤ人がなぜ嫌われ迫害されるのかを考えていた。

フロイトさんは世界中が同じだと感じていたかもしれない。
少なくともヨーロッパ圏,キリスト教圏ではそうだったようだが,
日本では,ユダヤ人差別どころか,
ユダヤ人という存在さえ知らない人もわりといるかもしれない。

フロイトさんはユダヤ人がなぜ「世界中から」憎まれるのかを考えていた。
単なる精神分析というよりも,もっと切羽詰まった命がけの精神分析だった。

もし私が偉い学者だったとして日本から客観的にそれを分析したら,
それは単なる精神分析である。

もし私が,家族を殺され,何とか外国へ亡命し,癌に侵されながらも,
私たち家族がなぜ迫害されるのか,を考えるのだとしたら・・・。

フロイトさんは,どんな気持ちだったのだろう。

2016年6月13日月曜日

うそだろ!?

ひゃっくり・・・
しゃっくり・・・

辞書に載ってるのは「しゃっくり」だと,
検索してたら通りがかりで見つけました。

ほんとなの?

ひゃっくりと言う人も結構いるというフォローもあるにはあるようだけど・・・
ひゃっくりが言えなくてしゃっくりに訛ってるものだと思ってたような・・・

あああ,言われてみると混乱するなぁ。

で,試しに両方言ってみると,しゃっくりだと違和感がある。
ということは私はひゃっくりと言っている。(笑)

しゃっくりだとぉ!?
酷いなまりだな!(笑)

実はひゃっくりが訛りだったのか・・・?

えらいこっちゃ・・・。
絶対直さねぇぞ,
だってしゃっくりじゃおかしいもん。(苦笑)

「ひ」が言えなくて「し」になってるだろ,て感じ。


更には,「布団を・・・」ひくのか,しくのか,というのがありました。
んー・・・,どっちでもいいのでは?
漢字だと「敷く」と書く。
「ひく」には漢字がない・・。

んー,これも,「ひ」が言えなくて「しく」と言っているのだとばかり思ってた。
ひくが間違いということで正しいのでしょうか?
あまり自信がないぞ・・・。
「布団をひく」ってどういう意味だろうと思ったことはあるけど,
熟語みたいなもんだろうと思っていた・・・。

マジかよ・・・。

私は何人なんだ・・・。

世界が崩壊していく・・・・・・。

暑いなぁ

去年も暑くなるの早かったけど,
今年も暑いなぁ・・・。

そこへ2010年なみの暑い夏になるという話。
あの年は個人的に特別な年だったからよく覚えているが,
かなり暑かったぞぉ・・・クーラーが空しいくらいに。

その後に大震災だったしなぁ。

というか毎年暑い。

2016年6月11日土曜日

パクリじゃないよ

何年かぶりにケンミンショーを見た。

そこで山形弁講座というのをやっていて,地元民のことをネイティブと呼んでいた。
私もネイティブという言葉で表現していたので,真似したと思われてたら嫌だなー,と。(笑)

例の「日本の方言」では,
その土地から出て生活したことがない人のことを「はえぬき」と呼んでいた。
はえぬきをちょっとひねってネイティブと書いてみたのだが。

山形弁講座をいつからやっていたのか知らないが,
タイミング悪いなー,と思った。

でも,それ自体は面白いコーナーだった。

笑いを狙うバラエティだから,馬鹿にしてる感じがないでもないけど,
嫌味がなく,素直に笑える感じだった。

あんな感じで神奈川弁や東京弁もやってくれたら理解が広がるだろうになー。

2016年6月3日金曜日

個人情報

思うになぜ店員は名札を付けさせられるのか?

ホテル等なら部屋の担当になったりするから名前で呼ぶこともあるかもしれないが,
スーパーの売り場ではまず必要ない。

昨今の客のマナーからすれば,客も名札着用で入店許可にしたらどうだろう。
それでこそ平等である。

客が名札を見て呼び捨てにしてきたのですげぇ怒り心頭。

最近ハイヒール着用強要を違法としたニュースがあった。
この物騒な世の中,名札強要も違法にしてほしい。

名前を知られたら何されるかわからない恐怖。

せめて偽名OKにするとか。
いやキラキラネームなんか考えませんから。
佐藤さんが山田と名乗っても可とか,そんな感じで。

追記
名前じゃなくて部門名を書いた方が客にとっても便利かも。
名前は絶対に必要ない。
ストーカー被害の危険が増すだけ。
会社は責任とらないだろうし。
バブルの頃のサービスサービスとはもう時代が違うというか,
バブルが異常だっただけなのだから。

2016年5月29日日曜日

聞こえない

店の中で店員に声をかけても聞き返されることが多いけど,
私も仕事中に客から話しかけられてもよく聞こえないことが多い。

まず,店内がうるさい。音楽とかビデオとか,いろいろかかっている。
それに,自分が仕事のことを考えている。急に話しかけられても脈絡がわからない。
客同士の会話や携帯での独り言も多いからいちいち聞いていない。
自分に話しかけているのかどうかもよくわからない。
そんな高難易度の中,
だめおしに,単語しか言ってくれない人は超お手上げである。

たとえば,
客「○○(商品名)」
私「…○○ですか?」
客「わからないの?」
私「…え?(何が?)」
という感じ。

本当は「え?」ではなく「は?」と言いたいのだがグッとこらえる。

こっちが気づいていないとこでボソボソ言ったことなんて全く聞こえていないことに気づいてほしい。
聞き返したらもう一度言ってほしい。
それで「わからないの?」と言われても「何が?」なのだが「何がですか?」とは言い返しにくい。
で,馬鹿にされて終了。
訳がわからんとはこのことだ。(苦笑)

「すみません」というのも,下手に返事すると携帯相手の独り言だったりするから,
店員に話しかける時は,「店員さん」とでも言ってくれればわかりやすい。
「すみません」は誰に話しかけてるのかわからないから勘弁してほしい。

あと,後ろから話しかけるのもやめてほしい。
背後の声は聞こえにくいし,客同士の会話と区別がつきにくい。
キチッと正面に姿を現してこっちを見て話しかけてくれればわかりやすい。

話はそれるけど後ろから手を出すのはやめてほしいな。
後ろに立たれるのってすごく嫌なんだよね,ゴルゴ13は知らないけど。

店員の態度うんぬん言う人はさ,
自分が店員を不快にさせてるってことに思いを巡らす能力はないのかな。

よく聞き返されて不愉快な人は,悪いのは聞き返す店員じゃなくて,自分の声だよ。
聞き返すのはちゃんと聞こうとしてくれてるってことだよ。
いい加減な人は聞こえてなくてもいい加減な返事をしますから。
そして,聞き返されたらもう一度言いましょうよ。

2016年5月27日金曜日

かゆ

最近血管がかゆいのである。

おそらく静脈の細いやつらなのである。

2016年5月25日水曜日

はやり言葉

私より年上の人達に多い「ナントカりーの」っていう言い回し,
元ネタは何なんでしょうね。

初めて生で聞いたのは25年くらい前。
年上の友達が言っているのを聞いて「そういう言い回しが昔はやったような…」と思った。

そういう昔の言い回しを今でも堂々と述べる人のお喋りには素直にポカーンとなる。
悪い意味じゃなく,気にしないって良いことかもしれないね。
(東北の人も「りーの」言うんだなぁという発見でもあった。)

「じゃん」を直しかけている私はそんな複雑な気持ちになった。

自分が直そうとしているので人が「じゃん」と言うといちいち耳についてしまう。
禁煙中の人がタバコ吸う人を見るとこんな気持ちなのかなー?

しかし耳につくようになってみると,
頻度は関東ほどじゃないにしても,東北の人もけっこう言うんだね,じゃん。
もはや全国語なのかな,テレビの影響かな。

けど,怒らないでほしいけど,
東北語の中に急に「じゃん」が入ると,すっげー変でずっこけそうになる。
言葉の流れが違う・・・。
(使い方も微妙に違う・・・だから意表を突いてじゃんが来る!。)

でもって,あの嫌な「・・・じゃね↑」もかなり浸透している。
無アクセントのせいか,こっちの方が東北語に近い流れがある。
が,汚い言葉は何語で話されようが汚い言葉。

関西弁がはやっているけど,
ネイティブの関西人は目の前でよその人が使ったらどう思うのだろうか?
(東北方言を「東北弁」でくくっているから,関西方言も「関西弁」でくくっています。)

ところでテレビのインタビューで「関西弁」が出ても字幕が出なかった。
全国版で東北弁だったら絶対に字幕が出るのですが。
上方言葉というやつなのだろうか。

で,「りーの」はいつの流行りなんだろう・・・。
元ネタは・・・。

2016年5月22日日曜日

足の先は痛いから

つま先が樹脂で保護されている靴を使用するようになってから,
この安心感がたまらんのです。

安全靴といえば重くてひきづるように歩く印象でしたが,
樹脂なせいか,保護されていない作業靴とたいして変わらん重さなんですね。
鉄が入っているのは自分では試していませんが,
普段履きと併用というものぐさ目的には向かなそうですし,
さすがにスーパーで履いていたらごつそうです。

しかし今使用しているのと同じ靴が見つからないのでございます。
仕方ないのでまた優柔不断さを発揮して何日も何時間も迷います。
昼間は靴屋(というかワークマンとか)に行く時間がないので,ネット通販となり,
試着できないため異様に迷うのです。

冬なら大きくてもインソールと靴下重ね履きでなんとかなりますが,
これからの時期,できれば靴下は一枚で過ごしたいのであります。

アマゾンを見たらサイズ都合でも靴の返品無料とありますがマジか!?
信じていいのか!?

安全靴の安心感を味わうと普通の靴での仕事は恐怖地帯となります。
足の上に落としたら骨折するだろうくらい重い物も扱います。
これを「あっ」と手を滑らせた時に樹脂製でもビクともしなかったのです。
凄いぜ安全靴。

その安全靴もつま先に穴が開いたようで,
水がしみてくるようになりました。
つま先といえば樹脂がどうなっているのかは謎ですがとにかく靴下が濡れるのであります。

いよいよか・・・。
買い替えだな・・・。

同じ靴を・・・。

ない。

ということで違うメーカーの樹脂製つま先保護にチャレンジ。
探しながら,靴に入れて使えるつま先だけっつうのは無いのかな,と探しましたが,
見つかりませんでした。

良さそうな靴があってもつま先保護が無い場合に,つま先を中にセットできればと思ったのですが。

まぁとにかく通販で靴を買ってサイズが合った試しはありませんので,
今回も合わないでしょう。
まぁ店舗で試着して買っても合わないですが。(笑)

2016年5月20日金曜日

深くなっていく傷

その時には言い返さなかったことで,
あとからあとから思い出されて腹が立つこと,
誰にでもあるようだ。

思い出す度に傷が深くなっていく。
魂の腹をえぐられるような傷になっていく。

もうその相手と連絡をとることもないだろう。
相手はそのやりとりを忘れているかもしれないし,
覚えていて思い出すたびに私を馬鹿にしているかもしれない。
事実に気づいて反省している確率は・・・まぁないだろう。

誤解をされた時に言い返す気力が失せる私の性格は欠点かもしれない。
なんか面倒くさくなる。

そして20年近くもたつ今でさえ傷はますます深くなってゆく。

2016年5月16日月曜日

名は何を表す?

最近,名字しか知らなかった人の名前を名簿などで目にすると,
いかにも,という印象を受ける。

特に深い意味はなく,あー,あの人らしい名前だなー,と。
年代的な特徴もあるにはあるが,
名前の漢字の意味どうこうではなく,名字とつなげて表示された時のイメージが。

初対面で名前を知っても何とも思わないのだが。

で,思うのが,自分の名前もそうなんだろうか?と。

ペンネームやハンドルは自分で考えるから,自分でイメージを作り出す部分はある。
でも,名前は人から付けられたもの。

名前は体の一部のようにずっとつきまとうものだから,
無意識のうちに影響を受けるのだろうか。

「ひるあんどん」というのも,
ずっと名乗っていると心がより一層ひるあんどんになってきた。

もとの意味はともあれ,明るいうちの明かりという意味では,
夕方の明るいうちの盆踊りの明かりなんかも好きだったな。

最近のキラキラネームでさえも,
名前を見ると,あーそんな感じするわ,という名前だから凄い。

2016年5月15日日曜日

どうすれば良いのか

という馬鹿馬鹿しい問いに悩んでいる。
昔の自分なら,やりたいことをやりゃあいいのに,と簡単に断言した。
そのやりたいことがわからない,となれば,
馬鹿だなぁ,と思った。
私はその馬鹿になってしまった。
何をしたらよいのかわからない。
どうすれば良いのかわからない。
自分の選択が正しいのかわからない。
多くの人が10代や20代で悩むことを,今更悩むことになった皮肉さ。
あの時わからなかった周りの人達の気持ちが今頃わかるような気がしてきた。

2016年5月14日土曜日

なんでかなー

他の人にはニタニタ話し,私には突然強い口調になる。
知らないことを素直に質問するとありありと馬鹿にした口調になる。

いつもと同じ,とか言われても,その「いつも」を知らんのですけど。
だから聞いてるんですけど。

教えないくせに馬鹿にする,その態度だけは許せない。

2016年5月12日木曜日

ぜ・ん・ひ・て・い・・・

何を話しても全否定してくるあの人とは全く会話にならん。
一方的に話しっぱなしになさるので私がふった話についての解説の余地もない。
で,勝手にあらぬ解釈へ持っていかれる・・・。
あの人とは話さなきゃいいのになとは思うんですけど,

多分,笑いを基盤にして会話を走らせるという前提がないのかもしれない。
私は真面目に話していない訳じゃないけど言葉のやりとりでの「くすり笑い」がほしい。

しかしそういうこと以前にやはり何かが違う,東北人の会話。
そこへ更に一般人とオタクの世界観の違い。

「ニュース全然見てません」という人との会話は全くかみ合わない。
一般常識だと思うことが通じず,でも多分あの人達は地域限定のしきたりには詳しい感じがする。
そして日本国レベルの話題になると「興味ない」と一刀両断される。

好き嫌いの話題から旦那と子供と孫の話オンリーの世界。
孫がいない人にもおかまいなしに孫自慢するタイプ。サイテー。

あーいやだー,(私にとっての)まともな会話相手がほしいー。

2016年5月10日火曜日

やっと普段日

ゴールデンウイークは銀行が閉まるので厄介だ。
終わるとホッとする。

休日になると出没する変な人達は普段はサラリーマンなのだろうか?
サラリーマンは変な人ばかりなのだろうか?

とりあえず普段日になるとサラリーマンとガキどもが束縛されるのでホッとする。

そしてスーパーはいつもの変な人達の居場所に戻る。
値下げにピッタリくっついてくるストーカー女も復活するのだろう。

作業中のものを勝手に持って行くんじゃねぇ。
(とは言えない。)

2016年5月4日水曜日

今だになぜなのかわからない

子供の頃,女子大生喋りというのがあった。
語尾を伸ばす喋り方,「だっしー」などのことだった。

友達が女子大生喋りをけなしていたのがキッカケで,
そんな喋り方もあるのかー,と思った。
そして自分たちは絶対にそんな話し方はしていないし染まらない,と言い合っていた。

それがなぜ,いつの間にか,バリッバリの女子大生喋りになっていたようだ。

不思議なことに,今までなんとも思わなかったテレビの中の人たちの言葉遣いも,
耳につくようになり,自分もこんな話し方なのかな,と思った。

ちなみにこれは近年のことである。

この年になるまで,自分の喋り方に気づかなかった。
自分の話している言葉を意識したことがなかった。
それと,周りも同じ話し方だと気づかないものなのかもしれない。

もしかして,当の女子大生だった人たちも,
自分がどんな喋り方をしているのか今でも気づいていないのかも。
就職の時にちょっと直すとかはしたかもしれないが。

私は自分が「じゃん」を連発していることを,自分で意識してみたら初めて気が付いた。
しかもそれはここ数か月の話。
「じゃ…」て言いかけて「だよ」と言い直したり。
なんか頭がおかしくなりそうである。

標準語は身に着けたいけど,
ずっとその言葉で育ってきた言葉を失うのも嫌な感じがする。
方言を矯正するのはこんなに悲しいことなのか。

言葉にコンプレックスを持たない西日本の人を羨ましく感じる。

で,私も素のままで開き直ろうとかなと思うも,
それが不利なところで,
なんつーか,広島弁は映画で有名になったからいいけど,
神奈川弁は微妙なところで,東京弁よりは乱暴だっしー,
全国的には周知されていない。

神奈川弁の映画でも出来ればいいのに。
決してふざけてる訳じゃなくそういう言葉なんだってことを,
全国に知らしめてほしい・・・。

東京から来た人っておぼっちゃま語だったよなー。
今ならわかるけどあれが東京弁なんだなー。
それくらい違うのに,
神奈川と東京をごっちゃにされるのもつらかったなー。
東京弁を期待されても東京弁なんか話せねーよ・・・。
標準語なんかなおさら話せねーよ・・・。

生まれ育った故里以外で生きていくのって辛いことだなー。
なのになんで地方の人は東京に住み着くのかなー?
つらいなーつらいなー。

笛太鼓

どうして金太郎の歌が出てこないのか。

途中からお祭りの歌になってしまうからだとわかった。
ドンドンヒャララードンヒャララー。

二番で金太郎は足柄山で修行をしている。
足柄山というのは,インドの山奥並に修行できる所なのかもしれない。

そして新たな考証にたどり着く。

金太郎は金時となり鬼退治に参加する。
この鬼退治ストーリーの英雄の中の一人の子供時代が金太郎。
つまり,スピンオフだったということか!!

いやそれとも,金太郎が好評だったので続編が生まれたのか?!

この年になって気づいたけど,
金と桃は鬼を退治しているが,浦島の太郎どんはいじめっ子を追い払っただけだね。

現代で不良どもを追い払えるかといったら,
これも相当な偉業である。

桃太郎の苗字は。

2016年5月3日火曜日

似ている?

私の中で二宮金次郎と金太郎は似ている。

薪を背負って歩く金太郎。
本じゃなくてマサカリ。

そして,金太郎も歴史上の人物。

しかし金太郎はなぜ太っているのか?
スモウレスラーのようにあれは筋肉なのだろうか。

桃太郎や浦島太郎はまあまあ粗筋を知っているが,
金太郎はよくわからない。
鬼退治に行くのが金太郎ではなくなってからだからだろうか。

スカウトされて偉い人になりました…で終わってしまうから,
金太郎としての活躍を知らない。
熊と相撲とるとこしか知らない。
イマイチ面白味がない。

というか,実在したという時点で,そんなにわざとらしい伝説にできなかったのだろう,多分。

今日は眠かったので早く寝ようと思ってたのに,
腹を下して眠れなくなってしまった。

何が当たったのか。

宝くじ。
(買ってない。)

ところで金太郎の歌も覚えられない。
桃太郎と浦島太郎の歌は歌えるのに。
まーさかりかーついだきーんたろおー。
しか出てこない。

マサカリ怖い。

金時豆との関係は?

そもそも論で申し訳ないが,かっこ悪い。
伝説にするならそれなりになんとかならなかったのか?
子供とはいえ,ふりちんでは絵にならないだろう。

金太郎ほど謎のヒーローはない。
私にとって。

名前も,なぜ金太郎なのか。
金から生まれたのだろうか?

そういえば三大英雄はみんな太郎だなー。
ヒーローは皆,長男か!
金次郎さんは次男?

現代で名前に金の字が入ってる人っているのかな?
遠山の金さん以外に。

金助。
金治。
金美。
百金。

リンゴが古かったのかなー。

上下関係

アホな指示でも指示である以上は「かしこまりました」。
でも自分の指示を実行させておいて笑うのはやめてほしいよな。

ろくに買い物経験もないようなガキが売り場を作るスーパーのシステムって
やっぱおかしいと思う。

若造は本部にひっこめて勉強させて,
ベテランが現場で指揮をとる方が良いと思う。
そうしないとパートよりも馬鹿な社員がパートを使うことになるので,
はなはだ馬鹿馬鹿しい。

無知すぎて何を指摘されてるのかすら理解してないしな。

社員はよく非正規を馬鹿にするけど,
非正規がどんだけ言いたいことを我慢してアホな指示を実行してやってるのか,
まあちょっとくらい考えてみてくれや。

2016年5月1日日曜日

ややこし

最近アマゾン送料かかるようになってたのかー。
2000円以下を買ってなかったからわからなかった。
経済新聞によると4/6からだったとのことで。

で,注文時の表示も変わってた。
『送料0』ではなく『送料350 割引き350』
送料が割引扱いなのかー。
最初,割引350の表示に焦って,なになに,て思った。

定期便はどうなるのか,謎。

アマゾンて,システムや表示を変えても,
いつもこれといった広報をしてくれないのが辛い。(苦笑)
アメリカってそういう感覚なのかなー?
それともあくまでこれがco.jpのやり方なのだろうか,謎。

ちなみにプライムは毎月会費を払うのかと思ってた。
年会費なのかー。
でもどうせ当日配達無理そうな地域だしなー。

それよりどう考えても私にスチューデントの申し込み画面を毎回出すなよなー。
注文の邪魔する画面を毎回挟むとは商売下手だなー。
あんな変な画面が出ると操作を間違ったかと思って焦るよなー。

2016年4月30日土曜日

終わりゆく四月

早いな。
一週間が早い。
一か月が早い。

2016年4月28日木曜日

ゲーム脳

ゲーム,特にテレビゲームで生じる感情は,
他のものからは得られないのではないか。
どんなに好きな映画・小説・その他のものからも,
ゲームがもたらすものと同じ感情は生じないことに気づいた。
他にあるとすれば唯一,睡眠中に見る夢かな・・・。

もう何年もゲームらしいゲームはやっていないけど,
ふと夢に見ると,感情がよみがえる。
なんとも表現できない素晴らしい感情。
一言で言えばエキサイティング。(笑)
でもちょっと言い足りないな・・・。
どんな言葉にしても合わない感じの高揚。

あれは何なんだろう。
人の中にある何かなのだろうか。
しかもそれは現実ではなく夢やゲームといった,
いわゆる空想世界の疑似体験のようなものでしか得られない。
生きてるって何なんだろうなと思う。

脳みそは何なのだろう。
この世で何がしたいのだろう。
どう進化したいのだろう。

2016年4月26日火曜日

知らぬが平穏

じゃんが神奈川方言だと知ってから,
他の地域の人たちが言っているのを聞くと腹が立つようになってしまった。(笑)
なんか横取りされたような気分。
というかそもそも神奈川発祥ではないのだがねぇ。(笑)
なんでじゃんだけが神奈川弁として有名になったのかねぇ。
今の世の中ではもう方言ではなく全国共通っぽくなっているのだねぇ・・・。
じゃんが神奈川弁だと知らなければこんな気持ちにはきっとならなかったねぇ・・・。

2016年4月22日金曜日

言葉と性格

日本の方言には興味深いことが沢山書かれている。
まだまだ紹介せずにおられない件がある。

先日も書いた,標準語は喧嘩ができない言語だということに関連して,
言葉遣いが人の性質に影響するということがあった。

性格が言葉に影響するのか,言葉が性格に影響するのか。
とりあえず,汚い言葉をつかっていると性格もそのような性質になるのは確からしい。
だからおとなしい標準語をつかうようにすると喧嘩っ早さがおさまるらしい。
(その意味でも喧嘩っ早い東京弁は標準語の文法と発音の土台になっただけなのである。)

逆に言えば,方言には,ある程度の地域民性が見出せることになる。
もちろん同じ方言でも人によって穏やかだったり荒かったり等の違いはある。
けど,文法やアクセント,会話の進め方の特徴などに,地域性が現れる。
これは私が日頃感じていることである。

方言にしろ外国語にしろ,言語同士の相性があると思う。
例えば日本語のアクセントから見たらダダをこねているように聞こえる言語や,
歌っているように聞こえる言語,怒っているように聞こえる言語,偉ぶってるような言語・・・。

同じように方言同士にも相性がある。
言葉の感覚として,相性が良くないのである。
方言に限らず,「あの人の喋り方はいけ好かない」などのような感覚と同じような感覚が,
言語同士にもあるのだと思う。

丁寧な言葉遣いに直すと気性も変わる・・・,
なるほど確かに,標準語を意識していると,迫力がなくて,喧嘩をする気になれない。
喧嘩をするなら方言をひっぱりだしてこなきゃならなくなる。
てやんでぃべらぼうめぃ。
うすらとんかち。
糞野郎。
相当する標準語はありません。
ホームズのように論理的に打ち崩すしかなくなります。
売られた喧嘩を買うことができません。

言葉を変えると性格が変わる。
本当だ。


2016年4月21日木曜日

無知という罪

日本の方言には,
地方から移り住んだ母子が,東京で言葉をからかわれ鉄道に飛び込み自殺した,
という当時の出来事が紹介されていた。(1958年第一刷)

悪意があってもなくても,
からかわれた側はどれほどの気持ちになるか,ということに触れている。
この本には,地方に移り住んだ東京の人が言葉の違いによってのけ者にされている例も紹介されており,
意見が偏らないように配慮しているのは感じられるが,
それでも,地方の言葉を笑う「東京人」への怒りが時折見られる。

東京人は方言を笑うのだろうか?
それは人によりけりだとは思うが,東京でもその他の地方でも,
よその言葉を笑う人はいるのだろう。
方言どころか外国語を笑う人もいるらしいから。

だから私は「東京人」というくくりを付けずに書きたいのだが,(東京には地方出身者も多いのだし)
自分達とは違う言葉に驚き笑い真似てからかうような人達は,無知で馬鹿なのだ。
狭い日本にも様々な言葉がある,ということを知らなかったのだろう。
そして「悪意はない」,などという人達は,そこに悪意があることすら知らない無知さなのだ。
だから私は無知ほど重い罪はない,と思うことがある。

また,ちょっと舌足らずだったり滑らかに発音できない障害があったり,
そういう人達もいるということを知らない人たちが,馬鹿丸出しでここぞとからかうのである。

義務教育のうちに方言にしろうまく喋れない人にしろ様々な人がいるのだ,
とうことを子供たちに教えない学校があるのではないかと思う。
このての道徳教育の質は本当に,子供時代の学校,教師,に左右され,
教わる機会がなく育った子供たちが無知という残酷な人たちになるのではないかと思う。
(確信犯はまた別のケースだと思う)

人の言葉尻をまねる人は時々いるが,会話の上でそれは必要ない。
聞き逃したり,意味がわからず聞き返すのなら会話になるけど,
真似するだけ,なのである。
真似は会話には必要ない。

私はさんざん嫌な思いをしてきたし,
喋り方を真似るとか,言葉尻を真似るとか,口癖を真似るなどといったことはしない。
とにかく言葉に関してはデリケートなものなので,
相手の母国語をけなすのは,相手の故里をけなすこと,相手の人間性そのものを否定することになるからだ。

この本によると,10代前半くらいまでの環境がその人の言語を決定するというデータがある。
それ以降は,身についてしまったアクセントや発音は一生残る傾向とのこと。
つまり意識して標準語を話しても,それは母国語ではない。

また,東京の人は「自分は標準語」と思っているが,東京弁は標準語ではなく東京方言である。
このこともズバッと言っているのでスッキリする本である。
地方の人は東京弁を真似ずに標準語のみを覚えた方が良いのである。

そして,違う言葉の中で長く生活すると希望がもてなくなる気持ちも,
からかわれるからと無口になるのも,私にはよくわかる。
私はそれを東京ではなく地方で経験しているので,
地方の人に「地方人よ,他言語を笑うなかれ」と新聞に投稿したい気持ち。

2016年4月20日水曜日

何々の日

方言かどうかはわからないが,
地元には「○日の日」という言い回しがあるようだ。

義務教育でしつこく間違いと教えられた,日本語として間違った言い方である。
例えば「十日の日」ではなく「十日」,「25日の日」ではなく「25日」と言うのが正しい。

けど,方言は文法が違う場合もあるのだから,
「日本語としておかしい」という指摘は的外れなのかもしれない。

しかし義務教育やその他の学校,又は職場,友人関係などで,
おかしいと指摘されることはなかったのだろうか?

文法と方言の関係は,どうなっていくのだろう。

「方言なんだね」で許されるのはどこまでなんだろうか?

2016年4月17日日曜日

食い物がわからん

野菜・果物・魚などは,オーソドックスなものしか知らない。
というか,一通り食べてきたつもりが,知らないものが沢山あった。

それは別に近年輸入されるようになった外国のもの,
という納得の原因なのではなく,
どうも方言並に地方ごとの食べ物があるようだ。
ネットで調べられる時代になったからこそわかったことだ・・・。

厄介なのが,よそ出身の私が知らないだけで,地元ではオーソドックスな場合。

今日客に聞かれたアレは何だろう,とネットで調べる。
そうそう出回っていない限定野菜だったりすると,
「そんなもん置いてないよなー」と納得。
しかしよく目にする野菜の別名だったりすると,
「げ,自信満々に無いって言っちまったぜ!」と思う反面,
「知らねーよ・・・・・・。」パソコンの前でポツンとたたずむ自分がいる。

わしってすげー無知なんだな,と途方に暮れるものの,
ローカルな食品だとわかると,
なんだそーなのか知らねーや・・・。
と何だか妙な気分になる。

けど,そういうローカルな商品も,最近は全国から輸送されてくる。
ローカルものでも知らなければならない時代になってきたという大変さ。
そんなもの,時給で働いてる人間が夜中にネットでコツコツ調べて睡眠時間が減って割に合わない・・・。

でも客からあからさまに馬鹿にされると腹立つからなー。
多分負けず嫌いなんだな。

しかしそういうマイナーなもんがちんまりしたスーパーにあると思わないでほしいな。
ご自分でネットでお取り寄せ下さい・・・。

2016年4月16日土曜日

日本の方言

この本では福島県と鹿児島県の方言がよく出てきた。
たまたま調査した地域ということのようだけど,
他の地域との交流が難解な地域としてピックアップされている印象を受けた。
それがなぜかといえば,例えば関西弁と呼ばれる言葉は,
難解に聞こえたとしても通じないほどではないらしい。
なぜなら,日本語の50音の発音が大きくは違わないから。
アクセントや文法はかなり違うところはあるけれども,発音は近いらしい。
ところが,鹿児島や福島は発音そのものが違うのだそうだ。
日本語は英語とは違い,アクセントの違いは大きな壁にはならないが,
発音が違うと,通じない。
たとえば『サ行』が『シャ行』のようになるのが鹿児島弁らしい。
福島などの東北弁では『シスの混同』というスターウォーズのような定義が登場する。
前者は先生がしぇんしぇいになり,後者は寿司がすすになる,など。
他にもこういった各地の発音の違いが紹介されていて,
つまり発音の違いは呂律が回っていないのではなく,方言なのかもしれない。

この本でも九州と東北がよく登場したので,
昔は海路で九州と東北の交流が盛んだったという話を思い出した。
だから方言にも共通性があるのだそうだ。
とはいえ九州の言葉を聞く機会はテレビでもあまりなかったので,
どことなくイントネーションにそんな感じがあるかなくらいしかわからなかった。
でも,こういう話題の中に取り上げるのは今は不謹慎なのかもしれないが,
地震の報道で,熊本の方々のインタビューがテレビで流れた。
画面を見ずにいると,東北の番組かな,と勘違いするほど似ていた。

ちなみにこの本には東京の方言も紹介されていた。
「し」と「ひ」の混同だそうで,
あれも滑舌や入れ歯の影響じゃなくて方言だったのかぁと。
「ひ」は言いにくいから,NHKのアナウンサーでも「し」に近くなるんだそうだ。
私も試してみたら確かに「ひ」で大きい声は出しにくい。「ひぇぇ」か「しぇぇ」になりそう。
英語圏の人はどうなんだろう?

この本の内容で気になったことの一つに,「ズーズー弁」という呼び名があった。
東北弁の別名として扱われているのが気になった。
私は山形弁のことだと教わって育ったからである。
山形県上山市から来た人が語尾に「ずー」を付けていて,それがずーずー弁なのだ,と。
実際に「ずー」と言うのがズーズー弁で,他の東北弁では「べ」とかが多く,ずーとは言わない。
山形県でも,地域によって言葉が違うので,上山以外でもずーを使うのかはわからない。
著者さんは名古屋出身だそうで,東北弁は調査で接しただけなのかも?

まだまだ書きたいことがあるがまた今度。

2016年4月15日金曜日

風邪

風邪はなぜデビルウィンドではなくコールドなのか。
そんなことはいいとしてこの冬はやたら風邪をひく。
それも仕事を休むかといえば微妙だがそれなりに辛いレベルの風邪。
けどインフルエンザとは言い難い自覚症状。
ストレスかな~~。

治ってはひき,治ってはひき・・・。

2016年4月12日火曜日

そうだねぇ・・・

ヤフーのニュースに保育園開園断念というのがあった。
地元住民の反対で中止とのこと。

託児所不足が言われてる中でよく中止までもっていったものだなぁと。

私も地元の小学校や保育園が早朝・夜明け前から鳴らす花火はやめてほしいと思っている。
心臓が止まりそうになるから。
苦情はないものなのかなと他力本願中。
あと疲れて寝ている所へワイワイとお散歩が来たりすると・・・つらい。

夜勤の人なんかには特に地獄だと思う。
幹線道路沿いなんかの車の騒音は慣れれば眠れるようになる。
しかし子供がキンキン騒ぎそれに大人(先生)の声が混ざるあのうるささといったらない。
発狂しそうになるのである。

少子化の原因の一つに「近年,子供が嫌われているから」というのはないのだろうか?
なぜ嫌われるようになったのかといえば,しつけがされていない,野放し状態だから。
保育園(の騒音)が社会から嫌われるのだとすれば,
保育園のあり方に問題がないわけでもないように思う。

子供だから騒いでもいい,・・・それはない。
スーパーでも「放し飼い状態」の子供たちの犯罪に等しい行為には迷惑している。
それはつまり保護者であれ学校や保育園であれ誰もしつけないから。
「のびのび育てる」と「野放し」を混同しているのではないか,と疑問に思う。

あんなのを見ていれば,近所に保育園,やめてくれ,という気持ちにもなるだろう。
そういえば昔から「子供禁止」の賃貸物件(アパートなど)もあるし。

私は犬好きだが野犬は怖い。しつけられていない子供も怖い。
子供を叱ると犯罪者扱いされる世の中では,尚更厄介なのである。

ようするに,子供たちや保育園がうとまれるとすれば,
その周りの人たちのせいもあるだろう。
むしろ保育園がきちっとしつけてくれるのであれば大歓迎なのに?

ところでもし幼稚園でも反対されたのだろうか?
どうも保育園のことはよくわからないが,
私の経験では保育園出身の子たちは妙に(悪い意味で)のびのびしていた。
礼儀がないというか。
何をしても許されると思って行動してる気配があった。
なぜだろう?
たまたま?

少子化を問題にするなら子供が好かれる社会,
大人が子供を怖がらなくても良い社会にするようにしなくてはならないのでは・・・。
現状は子供を見ると爆弾が歩き回っているようで怖い・・・。

2016年4月11日月曜日

全国区になった方言

近年,テレビやネットの影響か,誰でも「めっちゃ」「むっちゃ」をつかう。
「じゃん」が全国区になったのと同じ現象が再現されているようで面白い。

こうやって方言が流行のように広まっていくと,
その言葉は方言じゃなくなっていくのかなと思う。

耳鳴りか幻聴か

セミの声,汽車の音,ピー音,蜂や蚊の音など,耳鳴りは様々という。
耳鳴りというより静かな時に聞こえるザーという音もある。

入眠時幻聴というのもある。
これも誰にでもあることで,眠りかけや目覚め際のうとうと状態の時に,
人の声,爆発音,音楽など,音だけの夢のようなものらしい。
半覚醒状態の幻覚として映像が見えることもある。
いわゆる寝ぼけ状態というやつ。
体だけが寝ている金縛りも混ざると知識のない若者は相当怖がる。

私も全部経験がある。
だから,誰にでもあることらしいから。

最近は眠り際に,鈴虫やヒグラシのような音が聞こえる。
最初は「おー,虫の音」と思っていたが,
意識がはっきりしてくると,
「いやまてよ,今冬だぞ」となり,幻聴なのかなと気づいた。

こういう幻聴って,聞き入ってよいものなのかどうかよくわからない。
怖い幻聴なら気にしないようにするが。
心地よい幻聴だと逆にのっとられそうで怖い。(苦笑)

2016年4月8日金曜日

のりこえる歌

のりこえる・・・
今日をのりこえる・・・
毎日そうやって生きている・・・

昨日,なぜ生き物は死ぬのかもやっていた。
合わせて考える。
昔の死ななかった生き物ってどんなだろう。

この世界は何を目指しているのだろう。
良い世の中を目指すなら弱肉強食はいかんと思う。

文化への不満。
この文化を作った人達には生きやすい世の中だろうけど,
多様性。
文化の構成に参加できなかった者たちの性質には合わない。

毎日苦しいのは,そのせい。

2016年4月7日木曜日

外人さんだった

お客さんの言葉が相変わらずよくわからないと思ったら,外人さんだった。
遠目には日本のおっさんと区別ができなかったが,近くで見ると異教徒さんの雰囲気。
(といっても私は自分の宗教すらわからないが。)

それはそうと今日はトピーが飛びましたね。

2016年4月4日月曜日

中まで空洞

バナナの歌,
 いつも中まで空洞,心配はある方だ
に聞こえる・・・。

最近仕事に(というより職場に)行くのが気が重くなってきた・・・。

オレなんでこんな異世界にいるんだろう。

それはそうと西日本言葉のお客さんが現れたんですが,
接客の人が一瞬,「は?」という表情でフリーズしてました。
うん,この反応は,私がよくされる反応と同じだ。
と納得しました。(笑)

2016年4月2日土曜日

孤独

言葉が違うのはこんなに孤独か。
母国語で話せないのは常に頭の中に電圧変換機があるような,
とにかく何かいくつもの何かを経由して言葉のやりとりをしているような感覚。

例えば周りの会話が私にはどう聞こえているかといえば。
隣の部屋のテレビの音,車から漏れてくるラジオの音声,そんな感じである。

特に距離があったり他に雑音があったり,
距離がそんなになくても背後だったりすると,
ごにょごにょにしか聞こえないので悪口を言われたって気づかないだろう。

逆に悪口じゃなくても聞き取れないと悪口かもと勘繰りたくなることもあり,
そういう時は内心つらい。

また,こちらが話したことへの反応が会話になってない時は,
話したことが通じたのか通じてないのかわからず悲しくなる。

聞こえなかったり聞き取れなかったのなら「え」くらいは言ってほしいものだ。
聞こえてないくせに黙って笑ってる時もあるようで,
なんでそういうことをするのかなと思う。

(聞こえてる?と言ったら聞こえない,と言われてじゃあ返事するなよと思ったことがある。
 本当にこの辺りの人はなんでそういうことをするのかなと思う。)

2016年3月31日木曜日

リセット

また過去記事がたまってきたので2015年分まで消してリセットしました。
ひたすら私の独り言ブログなんですけど,一応ネットに公開しているので,
過去の私の意見が現在の私の意見と同じとは言えないので,
過去の自分は私と同一人物でありながら私とは別人となっていく存在なので,
のでので・・・
ということで時々このように投稿をリセットしますが今年もよろしくお願いします。

もん

口癖の「もん」を標準語に直したい。
標準語で「もん」は何と言うのだろう?

2016年3月29日火曜日

テレビは共通語?

一応義務教育の教科書は標準語(共通語)だし,
テレビ・ラジオなどで音声の標準語にも触れて育ったのだろう。

素朴な疑問・標準語からかけはなれた方言を母国語とする人たちは,
標準語を聞き取れるのだろうか?
聞き取って,意味やニュアンスもわかるのだろうか?

例えば私は西日本のお笑い,いわゆる『関西弁』のお笑いがテレビでやっていても,
ほぼわからない。
ということはその逆,NHKの標準語が聞き取れない,ということもあるのだろうか?
それとも,標準語教育があったから,聞くだけ,読むだけ,ならわかるのたろうか。

地元の言葉同士なら多少滑舌が悪くても通じ合うのだろう。
でもよその方言には補完機能が働かない。

私の脳が「きらった」を「キラッた」と変換して混乱するように,
私の言葉が通じていないのかもしれない。そう,滑舌以前に・・・。


※前にも書いているが私は標準語ではない。東京語でもない。

2016年3月26日土曜日

文学的表現


・なに語ってんだ
(いや,語ってはいません…)

地元は「言う」を「語る」という傾向がある。
しかも,普通の「言う」ではなく,
「ふざけたことを言っている」という意味あいのようで,
「なにほざいてんだ」に似てるのかもしれない。
相手を馬鹿にした言い方なので私には大嫌いな東北弁の一つである。



・素晴らしい
(そんな大袈裟な…)

「素晴らしい」という表現は本の中の言葉というイメージが私にはあったが,
これも東北(多分南部)ではよく出てくると思う。
「語る」のように,悪い意味あいで使われるケースも多い。
つまり「素晴らしい!」と褒めてるふりして馬鹿にしてるか,
或いは多少の親しみをこめてからかう,ようである。
ネイティブさんでさえからかいだと気づかずに信じてしまう辛辣なからかいである。


なんつうか東北でやたらと大袈裟に褒められたらからかわれてると思った方がいいようである。
これはネイティブさんにとっても,嫌がる人にとってはいじめ・嫌がらせでしかないのである。

一見してからかわれているとはわからないやり方でからかうのが東北文化の陰湿な面である。
だから,本当にかなりの期間がたってからふと思い出して「あれ,からかわれたんだな」と
気づいた時の打撃はボディブロー程度ではなく,うつになりかねない。

東北の人の物言いは本当にきつい。
これは言葉の違いではなく,東北の人は,そういう性質なのである。
東北人同士でかなり傷つけ合っているのである。
東北人は,言葉を選ぶ,ということをしないのである。

現代でも,村八分,男尊女卑,嫁に人権なし,は普通にある。
地域や家庭にもよるが,あると断言できる。

そういった性質を表した言葉が,方言には含まれている。
『日本の方言』(岩波新書)によると,
方言とは差別や格差がある世界(時代)で生まれた言葉だから,乱暴で汚い,
だから日本は標準語教育を進めたのだという。
標準語は東京語とは違い,喧嘩が出来ない言葉として生まれたと言っても良さそうだ。
喧嘩に使える汚い言葉や,威勢の良い言葉が標準語には組み込まれていないのだそうだ。

2016年3月24日木曜日

なるほど

「方言」というシンプルな言葉で検索して見てたら,
「だから」が東北(南部かな)の方言だという投稿に出会った。

ほんとに?・・・

ということはわしゃ誤解していたのか。
話にのってたのに「だーかーらー」と言われて落ち込むことが多かった。
私と話すのは面倒か,嫌われてるんだな,と思った。
「だから」の後に何も続かないから,言うのも面倒なのか,と。

単にその人の口癖でもあるとは思う。
私も同意の時に「だから」とだけ言ってしまうことがある。

でも方言の「だから」は,発音が違う?
「だからさ」と言って,もっと話したいのに話しすぎだなと思って途中でやめる場合と,
「そうだよね」の意味で「だから」だけを言う時は多分少し違うのでは。
で,その中間の場合もある。

こんな感じなのかな。

2016年3月23日水曜日

焼肉のたれじゃないよ

ここにさんちというほどの最近ではないが,
「じゃん」が方言だったと知ったのは最近である。
ネットで見かけて知った。

前にテレビで明石家さんまが東京語を話すと言って「じゃん」って言った記憶が。
だから関西では使わないのかもしれないがほぼ全国区だと思っていた。
神奈川弁と言われているがルーツは山梨とのこと。
山梨,静岡,神奈川あたりの言葉らしい。
富士山包囲網だな。
東京に波及したのはわりと現代らしい。(ネットで見かけた不確か情報。)

神奈川の方言を検索すると「じゃん」しか出てこないのは悲しい。
私は「じゃん」より「じゃんか」が多いな。
自分がどんな言葉遣いしてるかは意識してみないとわからなかったが,
「さー」と「じゃんか」と「もん」が多いことに驚いた。
ほんと小学生だな。(悲)
でも方言なのなら堂々と通用させたいものだ。

「もん」はどこ発祥なんだろう。
子供っぽい言い回しだけど子供言葉なんだろうか。
でも東北の子はモン言わないなぁ。
そうなんだよ自分では子供言葉が抜けないのだと思っていた言い回しが,
東北の子たちが言わないことに気づいて,
もしかしてこれも方言なのか!?と思ったのである。

かくて孤独な調べごとが始まった。

2016年3月22日火曜日

うーうは方言か

県民性系の何かのテレビ番組で東北の口癖「うーう」が紹介された記憶がある。

方言なのか流行語なのか,使用例は「うーう,(なんでそういうこと言うの)」な感じ。
否定的な意味合いの掛け声だと思っていたが,今日,新バージョンを発見。
特売商品を見て「うっ」と言うのを聞いた。
なんだよ文句かよと思ったら,これいいじゃんと話しながら買っていった。
なんだ歓喜の声だったのか。
いやいいじゃんとは言わないな,今時風に平坦に,
これよくね?↑,いんじゃね?↑とか言ってたかな確か。
(私は思い出す時に記憶の中では自分の言葉になってしまうのである。)
私が言うのもなんだが汚い言葉だよね。いつの時代も若者言葉は。
私が昭和の若者言葉なら,じゃね↑は平成の若者言葉かね。

話がそれたが「うーう」って年配の方が言うのは聞いたことがないような・・・
まあ家族の口癖がうつる中高年もいるからわからないけど。

私が「うっ」と言う時は毒を食らったとか,そういうシチュエーションである。
「うっ,これいいじゃん」は・・・なにか息が苦しい。
あるとすれば「うっ」と驚かせてから「いいね!」と言いコケさせるパターン。
コケることで息が抜ける。

私は客の「うっ↓」の後に「よくね↑」が来たことでまさに心の中でコケたのである。

関係ないが方言を発音記号で表すと英語なんかよりずっと難しい。
かくいう私は「あ行」が綺麗に言えない。
私の「あ行」は発音記号にするとどんななんだろう。

ちなみに方言は集落単位で変わるので,ネイティブでも人の方言はわからないことが多いらしい。
そういえば私も子供の頃よその学校の子と話すと雰囲気が違って別世界のようなウキウキ感を感じた。
そんなこんなで,私にも育った地域独特の「方言」が染みついているのかもしれない,と考え,
興味を持ち始めたのである。

時間泥棒

アマゾンから注文と違うものが届いた。

交換ではなく返金らしく,また買い直さなければならないらしい。
勝手に違うものを送ってきておいて,
返品手続きで私からバトルフィーバーJを見る時間を奪って,
むしろ手間賃を頂きたいくらい。

本当なら,通販は注文してないものを勝手に送ってきたら,
返す義務はないはずなのだが。
返せ言う前に即正しい商品を送り直すべきだと思う。
その後,手前どものミスでお手数おかけしますができれば返送を・・・が商人なのでは。

もし希少な商品だったらアマゾンのミスのせいで買い逃すことになる。
それをドライに「梱包して返送しろ・着いたら返金する」
って,こっちが悪い訳じゃないぞ,プンプン。
在庫数を確認すれば嘘かどうかなんてすぐわかるだろうに。

まあアマゾンには世話になってるから今回はおあいこ様にしとくけど,
ああ面倒くさいなぁ,集荷無料ったって来るのを待ってなきゃならないし,
対人恐怖症はそれだけでも恐怖なのに。

2016年3月21日月曜日

パクッてなくてもパクリ

ここ数年,自分なりに考えてみて,
・東北は他人をネタにする
・関西は自分をネタにする
・関東はジョークはいわない
という傾向ではないかなと思ったのだけど,
何か裏付けるデータはあるのかなーなんてネット見てたら。
わりと前から世間では言われてたことだったらしい。

まあ裏付けされたといえばそうなのだけど,
これはまたもや「パクリ」と言われるパターンになってしまったと思った。
自分で考えたことでも,世間に類似したものがあればパクったことにされる。
不勉強な自分。世間知らずな自分。

それはそうと,笑い話をするときに,
自虐する人と他人を笑う人がいるのは確かで,
どっちが笑いのツボかという傾向はあると思う。

他人のちょっとした失敗談を笑い話にすることはあるだろうけど,
時と場合によりけり。
ネタにされた当人にとっては度を越えれば苦痛となる。
しかし笑ってもらって気が楽になるケースもあるだろう。

自虐やボケの場合は,多分誰かを傷つける危険性は低いけれど,
ギャグとして受け取ってもらえないと自分が傷つく。
ボケて虚しくなったり,ボケ疲れしたり,ボケ損でヒットポイントにダメージを受けたり。
笑い話であることに気づいてもらえずに真面目に解説されちゃったりすると,
なんかどん底から見上げるような心境になる。

ボケに気づいてもらえない悲しさ。
会話を楽しもうと思わんのか,と思ってもそれが相手の価値観だから仕方がない。

突っ込みようがないのかと自分のセンスに落ち込んでも,
たまにうまい人が突っ込みを入れてくれると「やっぱそうだよな!」とすげぇ嬉しい。
昔のことだけどね。

2016年3月20日日曜日

キラキラ

「きらってるのないの?」

・・・・・・・・。
「キラッてる?」

きらきら,光り物?
・・・・・・・・。

言葉に詰まる。
うう,早く何か言わねば。

「きらってるの。それきらってないでしょ?」

・・・・・・・!!
「切られてる」かもしや!

しどろもどろ。
最初に「キラ」って変換されたからもう
ケーキのデコレーション?
デスノート?

そうか,切られてる,切ってある,そうか!

こうやって2ビットメモリで計算してるから答えがしどろもどろになるのです。
誤解しないで下さい。(何を)

2016年3月18日金曜日

トランプさん

アメリカのトランプさん。
詳しいことは知らないけど,ご近所トラブルにジャストフィット。

塀を作る!
金を出すのは?
メキシコだ!

メキシコを隣に言い換えれば私の気持ちの代弁なのだ。
ただそれだけ。

2016年3月16日水曜日

カワチな~

カワチ(薬局なのに食品スーパーのようなチェーン店)は,
弁当が無い以外は地元では一番品揃えがあり値段もまあまあなんだけど,
接客態度がなぁ・・・。

何年か前にもすごく嫌な思いをしてしばらく行かなくなったことがある。
でも久しぶりに行くとやっぱり便利でまた通い始めた。

でも・・・また。
なるべく気にしないようにつとめていたが,
今日はその積み重ねもあったのか,噴火まできた。

カワチのサイトからメールしようかと思ったけど電話するという脅し文句がある。
携帯を持っていないので,家に電話されるとすごく迷惑する。
電話は録音することもある,という脅しもあるし。

苦情を言うことによって私だということが断定されるのが怖い。
店で「あ,こいつか」という態度で接せられるのかなと。
悪いのは店員であっても苦情を言えばクレーマー扱いにされるだろうな,と。

一度,レジ間違いに帰宅後に気づいてその店舗に電話したことがあったけど,
店のレジのデータではそうなってない,と,モゴモゴとした態度で対応されて腑に落ちなかった。
こちらとしては凄く勇気を振り絞って電話をしたのに,礼儀もないし誠意もなかった。
たいした値段ではないからあきらめたけど,
レジのデータが正しかったとしたならもう少し誠意ある態度で説明してほしかった。
私も電話する前によくよく計算してやっぱ合わないぞ,となって問い合わせたのだから。

こんなこともあった。
レジ直後(ちなみに現金会計)にレシートを見たら値札より高かったからすぐにそのレジに申し出たら,
サービスカウンターに行けと言われて,行ったら名前と電話番号を聞かれた。
そういう店のシステムなのかと思って仕方なく書いたけど,
返品理由を聞かれ,売り場の値札より高かったから,と答えたら,
あら,そういうことなら話が違うわ,とか言って返金されたけど,
だから,値段が違うって最初に言ったじゃん,書かされた名前と電話番号はどうなったの。
もちろん謝罪の言葉はなかったぞ。
腑に落ちない。

こんなこともあった。
売り場にあった商品を手に取って見た。(目が悪いので)
それをあった場所に戻したら,
横にいた店員が「これはここなの!」と他の場所に置いた。

・・・・・・・・・。
やっぱり,もう行くのよそうかな。
クレジットカードが使えて便利だったんだけど。
今日のレジの人,私の手からクレジットカートを奪い取ってつっけんどんに返してきた。
クレジットカードだよ?ポイントカードとは世界が違うんだよ?なんでそんな扱い?
カゴの詰め方も「それとそれくっつけないで」と思って,
少しの間だから我慢しようと思ったけど時間かかりそうだから黙って場所を変えた。
それが気に障ったのだろうか。

カワチのレジって何でもかんでも縦置きで入れるのも気にかかる。
パンなんかわざわざ最初に入れてカゴ二個にされることも多い。
いやカゴ分けてくれりゃまだマシでパンの上にガンガン重ねることもあったな。
雑貨だけ袋詰めにされるのも困る。
その分レジに時間がかかるし,小さい袋が沢山になると持ちにくいってわからないのかな。
サッカー台で自分でやるからいいのに。
見ててホント手伝いたくなる有様なんだけど人によっては怒るから忍耐の修行につとめていた。

も一つ言えば賑やかなレジで突然ベラベラっと言われても気が付かんし聞き取れん。

まぁカワチについてはだいぶ前だけど品揃えが豊富だとベタ褒めしたことがあるから,
苦言の場合だけ名前隠すのは不公平だから今回もカワチって書いたけど,
レジの人の名前は書かない。
どっちかっていうと私の方が「あの客じゃねーか?」と悟られそうで嫌だけど,
でもね,どうしてもたまりたまったものがあってね。
ほとぼりさめたらこの記事は消すことにしよう。

以前,しばらく行かないうちに嫌な店員がいなくなってるといいなーと思ったんだけど,
しっかりいるしね。(笑)

辞めないということはいい会社なのかな。(笑)

しかしここの店員は男女問わずみんな態度悪いと思う。
それでもわりと混むのは他に品揃えのある店がない田舎のサガかな。
時々期限切れ商品があるから気をつけないといけないが,
田舎の店は期限切れはザラにあるのでみんな慣れている。(?)
店員も結局地元の人だから。
私との相性かもしれないし。

2016年3月15日火曜日

菓子メーカー手抜きかな

あれーと思ったこと。

バレンタインデーの延長のような感じでチョコが売られている。
ホワイトデー用の名目で。

以前はもっと,
バレンタインが終わったらチョコが終わる,他のお菓子でホワイトデーの雰囲気へ,
ていう感じがしてたけど,
今年はバレンタインが終わらなかったようなものに感じた。

ホワイトデーという新たなお菓子デーを作り上げたくせに,
菓子メーカーは,手抜きしてるな,と思った。
ホワイトデーもチョコなのかよ。(笑)

多分バレンタインデーのチョコはイースターの卵にも回されてるのではないかと想像がつく。
イースターなんて誰も知らないイベントなのに,えせキリスト教国日本。(笑)

クッキーやめてチョコになっちゃうのは嫌だな。
三月はクッキーが楽しみだったのに。

2016年3月7日月曜日

漫画と漫才

そういえば西日本の,特に近畿らあたりの人が他地方に行くと,
「漫才」と言ってからかわれたり,いじめられるという話を聞いたことがある。(テレビかなんかで)
では私の言葉はなぜ笑われるのか。
多分東北の人たちはテレビドラマの言葉や漫画の中の言葉遣いを連想したのではないか。
関西弁で漫才を連想されるのと似たレベルなのだろうか。
でも漫才に悪いイメージはないけど,
神奈川語というのはどうも不良のような,或いは気取ってるような悪いイメージがあるらしい。
なんでだろう。
確かにちょっと語尾が強いところがあるのかもしれないが,
それは東北語も同じ。かなり怖い。
うーん。

などと調べててこんな時間になってしまった。

母国語なまり(?)を標準語に直そうと苦戦している近年ですが,
この苦労は東北の人達にも味わった人は多いはず?
なのにどうしてわかってもらえないのかなぁ・・・。

やはり神奈川語(方言とはちょっと違うらしい)に対する偏見があるのでは。
なにも気にせず素のままの言葉でマシンガントークしちゃえばいいじゃんて?
結構いろんな言葉の影響をうけて純粋な神奈川語とも違ってるけど。

きょとんとされ,数秒後に馬鹿にされ真似されるあの苦しみ,
真似されるのだけはなんとも言い難いな気持ちになる。
そこをくぐりぬけたら何かがあるのだろうか。
実験してみようか?

NHKみたいな標準語を意識するから言葉に詰まるのかなぁ・・・。
でも私の地の言葉は乱暴で汚いからなぁ・・・。
子供時代の環境で身に着いたこの乱暴な喋り方か,
はたまた,オタク仲間との間ではやった「やんわり語」か・・・。(笑)


2016年3月3日木曜日

将来予想されること

悪天候が予想されるなら,鉢植えをしまうとか,避難するとか,
隕石が来るとわかれば回避する技術を探したり,
人間はそれなりのことはするだろう。

『明日のことを心配するな』という聖書の言葉も,
先のことなど考えるなという自暴自棄な意味ではない。

橋の前に来るまで橋を渡るなと言っても,
渡ることになる橋がどんな橋なのか,安全な橋ではないとわかったならその橋へ進むだろうか。

将来に起こることが予想される事態について今うつになることは馬鹿らしいと言っても,
暗黒時代が訪れると予想されるならそれを変える手はないか,
ないなら逃れる手はないか,
考えずにはいられない。
もしかしたら回避できるかもしれないではないか。
でも,回避できない確率が高いとしたら,
死にたくなるのも不思議ではない。

2016年3月1日火曜日

疎外感

東北語が聞き取れない・・・。

日本語なので単語がところどころ聞こえてくるが,
単語同士がどのように接続されているのかがわからない。

話し方の感情も違うので全て嫌味か愚痴か怒っているように聞こえる。
笑った時は楽しいのかなと思うけど嫌味笑いや見下し笑いとの区別が難しい。
楽しくて笑うよりも,何かを見下したり,誰かを見下したり,
そういう笑いが多いようだ。
そして決して自分で自分を卑下する時は笑わないし笑わせない。
そういうパターンが見えてきた。

だからなのか,そういう風に受け取られるようで,話しがかみ合わない。
私が真面目に話している時に,茶化していると取られるようなのである。
なんでそこで笑うかなという所で笑われたり,どうもずれまくる。

誤解をされるのはつらいが,私が真面目に話していても,相手は真面目に受け取っていない。
つまり,真面目に誤解を解くスキがない。
不真面目な反応で終わりである。
フラストレーションがたまる。

もちろん私が変わり者だという可能性もある。
私がオタクで周りがパンピー,なのかもしれない。

パンピーであるだけで強敵なのに,そこへ言葉と文化の違いである。
そりゃもう天気の話くらいしかできない。

近くでも聞き取れないのに,
背後で話してることや数メートル離れてる所で話してることなどボリューム的にも聞こえない。
多分脳の補完機能が働ないんだと思う。
聞こえなかった場所の補完ができないのかなと思う。
それプラス,少しだけ聴力が弱いのかも。

私は東北語を馬鹿にしたことはないが,
私の言葉は馬鹿にされる。
よって憂鬱で,喋ることじたいが嫌になってきたのである。

2016年2月29日月曜日

うるう年

とはいえ,しょっちゅううるう年が来ている気がする・・・。

これは,テレビ番組で,「あれ,この番組,もう一週間たったの!?」
の心境に近いのかなぁ・・。

2016年2月23日火曜日

気性?

そういえば小さい時に「おこりんぼ」と言われていたことを近年思い出す。
私の生まれつきの気性はおこりんぼなのかもしれない。
しかしなぜこんなにもおこりんぼなのかは自分でもわからず辛くなる。

2016年2月18日木曜日

わかんねぇ

やっぱりわかんねぇ。
耳が悪いとかそういうことじゃないなぁ。
主語を言わないし,何のことを言ってるのかわからん。
こっちの言うことも通じてるのかわからないし,
お互いに通じてない感じがする。

イントネーション,ニュアンス,
感情の表し方,
何もかもがわからない。

東北の人は基本的に相手を見下した言い方をするものなのだろうか?
そういう言語なのだろうか?
そういう文化?
それはあると思う。
そういう文化にもなじめない。

話が通じない。
疲れた。

2016年2月17日水曜日

ごちゃごちゃ。

ごめんで済んだら社長はいらねえや。

なんか去年あたりから私は喋る時に言葉が出てこなくなり,
言葉が詰まったり言い間違えたり,舌が回らなかったりするんですけど,
こうやって文章を書いていても知ってる言葉が出てこなくなって詰まったりすることしばしばなんですけど,
それで人との会話も億劫とか苦手を通り越して恐怖になってきました。
喋らないから余計に喋れなくなってくるのかもしれないけど,
とにかく人に何か伝えようと思っても言葉が出てこなくて辛いです。

本の音読でもしたら直るのかなー。

いや,言葉遣いを意識してるせいかなとも思います。
綺麗な標準語を話せるようになりたいなー。
私むちゃくちゃオタク喋りだからなー。


2016年2月14日日曜日

バナナの歌

最近バナナ売り場で流れてるバナナの歌が気になってドールのサイトを見てみたら,
ユーチューブに動画がありました。

 2015/11/18 に公開
 ナオト・インティライミさんの名曲“BANANA”のミュージックビデオを公開!

らしいです。

最初は消臭力に似てるな~なんて思ったのですが,
よくよく聞いてみるといい歌なんですよ。
でも店で立ち止まって聞いてる訳にもいかないし,
もしかしたら動画があるかな~なんて思って。

子供連れでもないのに売り場のモニターをじーっと見てるのは気まずいです。
いやはやネットにあって感激です。(笑)

それにしても宣伝用のビデオじゃなくてミュージックビデオ?
名曲・・・ということは曲は元からあったのだろうか。
謎。

ぼくたちはどうして黒くなったら捨てられてしまうの

2016年2月13日土曜日

馬鹿記録一年

ビタミン剤のおかげで風邪知らずだなと思っていたら,
とうとう喉をやられてしまった・・・。
風邪だな。

頭痛の気配と寒気の前兆と気持ち悪さの駆け出しも始まった。
でも熱が出る気配はない。
といっても去年買ったばかりの体温計をまた落っことして壊してしまったまま。
体調が悪い時に手に取ろうとするから落っことすんだよな,体温計って。
勿体ないから体調が悪い時には触らないようにしたい。

2016年2月11日木曜日

客がうろつく中での仕事

もし職場に客がうろついていたら。
時折質問してきたり,商品を荒らされたり,通路を塞がれたり,作業中の物を持って行かれたり。
想像してみてほしい。
忙しいあなたのオフィスに『客』と称する者たちがうろついていたら。
忙ししいあなたの倉庫に『客』と称する者たちがたむろしていたら。

2016年2月5日金曜日

レジの人

客にとってレジの人はその店の顔で,店の印象が決まる。
私は自分が働いている店のレジの接客について「いいお店」という誇りが持てない。
客として利用すると腹の立つことが多い。
極力行きたくない店ナンバー1だったのに,働くことになった。
従業員として顔見知りとして利用すると,レジの態度は更に悪くなった。
どうも従業員を軽視する風潮があるようだ。
最悪である。
従業員であろうと買い物時は客である。
中で働くようになってわかったのが,慣れあい。
あと力関係。
まずモデルとなるべきチーフ格の人が駄目である。
新人などのいわゆる下っ端的な人の方が接客が良いのである。
でも,いい人ほどやめてしまう。

漠然としか言葉にできないが,
一人一人が「こうした方がいい」と思うことを実行できない空気がある。
常識的な行動をとりにくい空気。
ベテランほど非常識な接客サービス。
その店の接客レベルはサービスカウンターに表れる。
もうボロボロ。

中で働くからには良いお店にしたいと思うも,
上司の方針には逆らえない。
さらには本部・会社の方針。
根っこからがおかしい。

2016年1月30日土曜日

別に構わん

そういえば白人がマイケル・ジャクソンを演じるというニュースで,
疑問が沸き起こっているらしいけど,
外国の映画やドラマで日本人役を日本人がやってるとはかぎらない。

役者というのは「演じる」わけだから,
違う人種を演じちゃいかんということはないと思う。

宇宙人役はどうするんだ。




2016年1月27日水曜日

猫ばんばん

ならぬ猫コンコン。

エンジンルームに猫の足跡を発見してから車に乗る前にボンネットをコンコン叩いてみてる。
気休めのつもりだったけど,ヤフーに猫ばんばんという記事があった。

私の車は古いけど,最近の車は猫が入り込まない設計になってるとか聞いてたんだけど。
やっぱ入り込むのか・・・。

しかし記事のように「ばんばん」と車体をゆらさないと効果ないのかなぁ・・・。

2016年1月26日火曜日

腹が

腹が出っぱなし。
空腹になっても出っぱなし。

脂肪かな。
内臓,皮下,両方。
便秘ではない。
内臓脂肪というか,内蔵脂肪と化しているよな。

胃下垂は痩せるという。
私は痩せないから胃下垂は多分違う。

2016年1月24日日曜日

意外と歩いてる?

万歩計を持って仕事してみた。
5600歩くらいだった。
お,こんなに歩いてるのか!?
一日数百歩程度かなと思っていたから。(笑)
けど,距離にすると2キロか3キロくらいかな。
歩く以外の動作が疲れるから,運動量の目安とは少し違うけど,
でも歩かないと足の血流が・・・。
もっと歩きたいなーとは思うけど,仕事中に意味もなく歩き回る時間もないしなー。

2016年1月23日土曜日

太った

食べる量を減らしても痩せないのに,
一回食べ過ぎただけで太った。
理不尽だ。
絶食をしないと痩せないということか。
立ち仕事で絶食はきついかもな・・・。

2016年1月21日木曜日

はぁー

週間予報で予定を決めたのに週間予報がはずれる予報。
はぁー。

裏目にでたなぁ・・・。

2016年1月18日月曜日

雪かー

いやだー。
雪いやだー。

2016年1月15日金曜日

疑わない王子

燃えろアーサーの歌で,
「暖炉に歌が湧く」のところが,「段取り疑わず」に聞こえる。

歌詞としておかしいとは思っていた。
あと「ぼくの紅花ゆれている」もなんか変だなーと思っていたが,
「紅バラ」だった。

歌詞カードで確認した後でも意識して聞かないと正しい歌詞に聞こえない。
段取りを疑わない紅花王子なのである。

2016年1月10日日曜日

ゆする

貧乏ゆすりチャレンジ,
今日は少しできた。
ぎこちないが。

貧乏ゆすりは見た目は最低だがやってる本人は気持ち良いようだ。
人がやってるのを見るのは本当に目障りなのだが。

2016年1月9日土曜日

貧乏ゆすり

足の血流を促すために貧乏ゆすりにチャレンジしたら,できないのだった。

足を小刻みに動かす,ということができない。
貧乏ゆすりを意識して無くしてからはや幾年。
そのせいで血流が悪いのだろうか・・・。

2016年1月3日日曜日

フロイトさん

教育テレビでフロイトさんの本が紹介された。
ちょうど昨年末に読んだ部分だった。

たまたま読んだ本がテレビで取り上げられることって時々あるなー
なんて思いつつ,
どんな風に紹介されるのか見た。
私が感じたよりも希望がもてる感じで解釈されていたので,
自分の心の闇っぷりが見えた。(笑)
(人はなぜ戦争をするのか)

おそらく読んだ本のタイトルだから目にとまるのだろうけど。

2016年1月2日土曜日

新年

新しい年というのは良いもんです。
正月は好きです。

クリスマスや年末といった重荷から解放される。

2016年1月1日金曜日

去る年来る年

さる,さる,さる~~
苦悩が去る~~
嫌なことが去る~~

大晦日の最後の最後にレジの姉ちゃんに嫌味言われちゃったよ。
終わり良ければなんやらというように,
終わりの終わりになんでそういう心に残ることを言うのかな!

一つの嫌なことが全てを墨で塗りつぶしにかかってくる。
クソッ。

そんな日だから今日は特にお客さんに嫌な気持ちにさせないように気をつかったつもりだけど,
どうだったかな。
頑張ったけど。
私には神様の助けが必要です。