2016年12月31日土曜日

テレビで

BSで,ホビット三部作が一挙放送されるようである。
おおざっぱに一本三時間として,ぶっ通し九時間ということか!!
わしの勤務時間より長いぞ。

録画できる人はご覧くださいといったところだろうか。

わしの経験では,映画のテレビ放送は,
DVDの字幕よりも翻訳の質が良い気がする。
テレビで観て気に入った映画をDVDで買うとどうも微妙に違ってガッカリすることがあった。
特にNHKBSの字幕は良い気がする。

だからホビットのテレビ放送も観たい気はするが録画機を持っていないから無理だ。

なにはともあれ,体調がゆるやかに下降傾向で,いつからこんな風になったのかと考える。
去年の今頃はもう少しマシだった。

2016年12月30日金曜日

なんもできねえ

押しつぶされそうなのである。
というかもう押しつぶされているかもしれない。

なんもできねぇ。

どうしてこんな人生になったのだろう。

2016年12月27日火曜日

思ったとおり

『あっという間に終わりそうな気配』と感じた今年の正月。
その通りにあっという間に年末がやってきた。

特に夏からが早かった。

話は変わるが例のDVD6枚セットの字幕の方を見終わった。
吹き替え版も観たいが何しろ一本三時間ともなるとかなりの長さ。
一本につき90分映画を二本見るようなもの。
それが6本だから90分×12本の計算。

ゲーム内のムービーくらいの知識だった『ロード・オブ・ザ・リング』,
王の帰還までとうとう見たんだなぁ。
ゲームをやってたのがもう10年くらい前になるのかなぁ?
ぼけーっとしているうちに『ホビット』までセットになって廉価で出たなぁ。
いやはや。

で,原作の指輪物語でもっとも衝撃的だった「首を投げ込まれる」シーンも,
映像化されていたとは。
でも,シーンが短いし,あんまり怖くなかった。
本だと語りがもうそれはそれは恐ろしかったのだが。
戦争って嫌だなと心底思った。

しかーし,中国の歴史はもっと怖い。
サウロンより恐ろしき大陸の戦乱の歴史。

多分日本でもどこでも似たような残酷な時代はあったのかもしれず,
たまたま中国のは記録が残っている,ということなのかもしれないが。
アメリカの西部劇も映画で表現をマイルドにしていなければ相当怖いのは確かだが。
しかーし,中国の歴史は表現をマイルドにしようが無いくらい怖い。

ということで,毎日洗濯ものを干してたたんで,
何か気晴らしでもしようやとDVDを観て,
毎日毎日時間がたりず,
生きるために洗濯するというよりも,洗濯するために生きてるような一年だった。
全自動洗濯機を使っててこんな事態なのだから,
手で洗ってた昔は本当に洗濯のために一日起きてるようなものだったのだろうなと思った。

人生って何なんだろうな。

2016年12月26日月曜日

胃が痛いなぁ

食べ過ぎたくらいでこんなにキリキリ痛む。
ストレスだろう。

最近仕事に行きたくないなぁ。
と思う日が増えた。
若いうちなら辞めて他を探すのもありだけど,
今はもう,履歴書,面接,の過程も苦痛だし,
早く死にてえやと思うばかり。
今すぐ死にたい訳じゃないけどね。
もうちょっとで死ねる,という救いがあれば頑張れるだろうに。

若い頃,当時の友人がこんなことを言っていた。
『仕事は辞めるとしたら人間関係。仕事自体は辛くても辞めようという所まではいかないが,
 辞めたいと思う原因になるとしたら人間関係だと思う。』

仕事がよっぽど変な仕事かよっぽど拷問のような屈辱的な内容ではない限り,
人間関係に特に問題がなければ人は頑張れるものである。
しかし,人間関係にストレスがあれば,どんな仕事でも続けるのは苦痛になっていく。

これは経験した者にしかわからない気持ちのようで,
私は今まさにこの地獄にはまりつつある。
前回は極端に酷かったので人の勧めもあって今の職場に移ったが,
今の職場はそこまで酷くはないがなんだかじわりじわりとくるものがある。

この職場も人が長続きしないのはまぁわかる気がする。
いわゆる古株どもに緊張感がなく,威張りすぎており,職権を乱用している。
上に立つ者にスタッフを率いる能力がない。
だから好き勝手するクソババア族がのさばっている。

人が足りないというのなら,給料アップで誘うよりも,
クソババア一掃が必要だろう。
人がいつかないから人手不足になる。
一時的に人手不足になるリスクを取ってでも,クソババア族は辞めさせた方が良い。
懲戒解雇になってもおかしくないことを日常的にしているのだし。
そのせいで規則だけを厳しくして張本人たちは野放しで,馬鹿馬鹿しい。

2016年12月19日月曜日

恐怖体験

いよいよ恐怖のクリスマスが迫ってくる・・・。

クリスマスなんて無くてよろしいのに。

毎年同じ音楽を聞かされて何が楽しいのだ。

自分へのプレゼント?
ほしい物があるならいつでも買え。

クリスマス気分を味わわなければいけないと脅迫されているようで非常につらい。
最近は二段ケーキもないし。

せっかく二段ケーキや三段ケーキを買える大人になったのに。
どのメーカーのメニューにもない。

こんな時こそ禅の教えだ。

クリスマスなど心が苦しくなるだけだ。
何の救いにもならん。

2016年12月18日日曜日

映画

映画『ホビット』の三部作DVDを,まずは字幕版で見てみました。
一本三時間近くあるので休みの日限定で観ています。
『ロード・オブ・ザ・リング』三部作と合わせて6枚セットで4800円税抜きの物です。
日本の映画DVDもこれくらい安くなってほしい・・・。

前にも,文庫でも上下巻しかないホビットを三部作とは長すぎないか!?,と書きましたが,
いやぁ,まぁ,本当に長いですが,見ている間はそんなに長く感じなかったです。

ただ,この長さなら原作の内容は一切カット無しだろう,と期待していたら,
わりとカットされまくりでした。(笑)
正直,今は手元に本が無く,内容もあまり覚えていないのですが,
それでも記憶にあったお気に入りのシーンの数々が,なんか,出てこない!?(笑)

カットというより,内容自体が変えてありました。
そういえばタイトルも「行って帰ってきた物語」ではないようでした。
この「行って帰ってきた」という事実が素晴らしいのですが・・・。

同じビルボ役で原作通りの映画も観たいなーと思いました。

特にビヨルン屋敷の犬の給仕が映像になるのを楽しみにしていたのに。(笑)
ああいうほんわかシーンは一切カットでした。
全体的に,何でホビットを仲間にしたのかわからんストーリーになっているというか。(笑)


隊長

隊長が悪いと隊は全滅だが,
体調が悪い。

でもどこがどう体調が悪いかはイマイチ顕著ではない。
倒れる訳じゃなし。
食欲あり。

強いて言えば喋ると酸欠になるから喋りたくない。

2016年12月17日土曜日

溜息が出ちゃう

先輩パートさんが結構あくどいことに気づいた今日このごろ。
嫌な人ではあるがもう少しマシな人かと思っていた。
が,日に日に信じがたい事実が増していく。
あんな人がお局としてデカいツラをしているのか・・・。
だから駄目なんだこの会社。
ちょっと厳しい店なら懲戒免職も有りうるだろうに。

ホント,他人に厳しく自分に甘い人だな。
自分は何をしても許されると思っているのだろう。
実際,入社以来ずっと,許されてきたのだろう。

まあ裁くのは人ではなく神か仏か人以外の存在である。
お任せする。

2016年12月16日金曜日

そうなのか

考えてみりゃあ来週はクリスマス来襲なのだな。
うそみたいな速さだな。

さらば2016.

2016年12月13日火曜日

怖い話ホラー系

私は怖い話が書けない。
子供の頃は即興で怖い話を語るという遊びもやったが,
どうしても怖くならなかった。

怖い話は怖いから書かない。

とはいえ,時々むしょうに書いてみたくなることがある。
でも,書けないことはわかっている。
怖い話が嫌いだから。
無意識に怖くない話へと変貌させようとしてしまう。

怖い話といってもいろいろなタイプはあると思うが,
サスペンスドラマ系は書けそうにない。
怪談系も怖いから書けない。
戦争も怖いから書けない。
やっぱ怖い話は書けない。

というよりどんな話でもまともな読み物は書けないが。

ちなみにトールキンの指輪物語はかなり怖い話である。
首が投げ込まれるのである。
挿絵が無くて良かったと思う。

2016年12月8日木曜日

もうあかんわ

最近東北語が中国語に聞こえる。
時々本物の中国人も来るけど区別がつかない。

もう中国人のふりでもしようかと中国語をかじってみることにした。
でも時々来る本物の中国人にバレるとまずい。

とにかく東北語がわからん。
もう逃げたい。

お客さん私中国人アルよ,東北語わからんアルよ。(バレバレ)

2016年12月7日水曜日

比べること

比べることは不幸の始まりというのもわかる。

多くの人が休日として過ごす年末年始や,
その他全てのイベントにおいて,休みがない職種。
気持ち的にすごく疲れることがある。

じゃあカレンダー通りに休む仕事に就きたいかというと,それもない。
実際はカレンダー通りにしか休みを取れない方がキツイかもしれない。
しかも5連勤&2連休でしかも普段日に休めないとなると銀行等の窓口にはまず行けないではないか。

それでも盆はまだいい,年末年始が休めないのは精神的につらい。

スーパーも年末年始くらい休みにすれば良いのではないか。
せめて31日と一日くらいは。
コンビニが開いてるからいいじゃないか。
コンビニの従業員は気の毒だけど。

全員が出勤というのならまだ良いが,
シフト的に誰かしら休みになるのが不公平感がある。
どうしても比べてしまう。
どうして私は毎年出勤なのか,と比べてしまうと相当つらいのは確か。

2016年12月2日金曜日

しわす

11月のカレンダーをめくる時,
同じことをついこのあいだ,やった気がした。
11月は何だったんだ。
本当に30日も存在したのか?
あっという間だった。
おそらく片寄りきったシフトのせいだろ。
後半は休みが二回しかなかった。
だから後半は無かったも同然のように過ぎてしまった。