2017年1月30日月曜日

個人的にですが

最近はやりの言葉でどうしてもなじめないのが
「ほっこり」や「真逆」など。

特に「ほっこり」は意味がわからん。
いやなんとなくはわかるが,
個人的には焼きたての焼き芋しか思い浮かばない。


2017年1月29日日曜日

胃なのか

多分消化中か空腹時なんだと思うけど,
胃の辺りが痛くなる。
食欲はすんげえある。

あと金欠病がつらい。

2017年1月28日土曜日

暑さ寒さも

やっぱ暑いも寒いも相対的なんだな。

秋のあのクソ寒さは暑い夏に慣れていたから。
今日暖かく感じるのは異常な冷え込みを経験したあとだから。

クッソ寒い北極圏にも人が住んでいるのはそういうことなんだろうか。

2017年1月26日木曜日

つらいなぁ

最近凄くつらいんですけどなぜなんでしょうか。
昔は気にならなかったようなことでも今はとことんつらくなります。
世界が敵に感じるというか。

人を見れば泥棒に見えるし何もかも損してるように感じる。

なんかつらい。

2017年1月25日水曜日

凍てつく

すげえ冷え込んでるんですけど何かあったんでしょうか。

過去最低気温を更新しそうな気がします。
寒すぎていろいろ壊れます。
家も車も外周がミシミシになってて割れそうです。

本当に温暖化してるんでしょうか。
温暖化という表現が誤解を呼ぶ。
素直に気象の変化と言えばいいのに。

いやしかし夜型人間にはキツイです。
なんというか,一番寒いと感じるのは2度くらいまでで,
それより下回ると「寒い」ではなく別の表現になってきます。


2017年1月24日火曜日

これが未来

しかしあれだねえ,
トランプさんて本当に大統領になったんだねえ。

就任式の前日,
トランプさんに近づくスパイ役で夢を見たけど,
どう夢判断するのか全然わからん。

権力にお近づきになりたい欲望?

トランプさんがまだ小さく扱われていた頃には想像できなかったまさかの未来が今。
ということだよね。

ありうるということだよね,
笑い飛ばしそうな未来が現実になるってことが。

しかしあれだね,今の雰囲気だと,
トランプ支持者はあまり堂々とはできなさそう。
隠れ支持者が結構いるのではないかな。

そもそも圧勝という訳ではなかったのだから,
反対層も多いのはわかるけど。

私ですか?
わからんのですよ。
今のところは面白いと思いますよ。
語弊はあるけど「民間人が大統領になった」という感じがするし。

ある意味「聖域なき改革」をやりそうって感じもするし。

ただ日本にいるとどういう政策なのかサッパリわからん。

あと,規制緩和という言葉には,
小泉さん時代に非正規労働やワーキングプアが表面化したのがだぶって見えてしまう。

まあ今のところはトランプさんは面白いと思う。
わかりやすいし,ヘマするし,すぐ謝るし。

大富豪が大統領って感じ。

素朴な疑問としては,大富豪なのに,
なぜ(白人の)労働者層に人気なのかということ。

2017年1月21日土曜日

淋しい日本語

英語っておかしな言語だよなぁ。
英語が母語の人は日本人が日本語で生きているがごとく英語で生きているってことだよなぁ。

一番変なのは疑問文だよなぁ。
順番入れ替えたら疑問って何だよそれ誰が考えたんだ。

this is a pen
is this a pen

日本語でこれを言うと,

これはペンです
ですこれはペン

「ですこれはペン」で疑問だとぉ!?(笑)
その思考回路がわからん。

じゃあ日本語の「これはペンですか」を英語で真似できるか?
できねえだろ,だって,「か」が無いもの,「か」が。

ディス イズ ア ペン か
こうするしかない。

だいたい日本語の疑問文の「か」って何よ「か」って。
「か」を付けりゃ疑問文て誰が考えたんだよ。

中国語の「ま」を付けりゃ疑問文,ていうのも,
英語を勉強した後だと「そんな簡単でいいのか!?」と相当衝撃を受けたけど,
日本語も相当簡単だわ。

じゃあ英語の「これは何ですか」はなぜ「is this what」ではないのか。

やはり日本語の起源は失われたムー大陸だろうか。

じゃあ,日本語的文法と英語的文法はどちらが進化しているのだろうか。
日本語も,普段の会話では単語をボンボンとつなぐことがある。
語順も適当になって英語的語順になっても通じる。
そうやって,だんだんと英語的語順の言語に簡略化していったのか,
それとも,より丁寧に言い表そうとする人々が日本語へと複雑化させたのか,
どちらでもなくそもそも日本語の起源はムー大陸なのか。

SOV…ムー大陸
SVO…アトランティス大陸

胃が痛い。

2017年1月20日金曜日

夢の中の世界

夢の中で時々,その夢の世界での過去の設定が登場することがある。
つまり夢の中で「前にこんなことがあったな」といったこと思い出すのである。
でも目覚めてみるとそれはあくまで「その夢の中での」設定だったとわかる。

多分だが現実世界の思い出ではない。
目覚め際は混乱気味になるが,意識がはっきりしてくれば,
過去の設定も全てを含めて夢だった,ということになる。

実際に過去にその夢の「前回のあらすじ」を見たことがあるのかどうかはわからない。

そういった「夢の中の歴史」と現実の歴史がごっちゃになりそうで心配になる。
もうなっているかもしれない。
過去の出来事なんて誰にも確かめようがない。
もし自分の中で記憶が捏造されてもそれが真実なのか捏造なのかを調べる手段はない。
つまりばれやしないのであろう。

この世界は一炊の夢で,主観的で,何も真実はない。
これはストレスのなせるわざだろうか。
はぁ。

2017年1月17日火曜日

ごめんって何よ

「ごめん」って言われても謝られた気がしないのは私だけだろうか。
「ごめんなさい」「ごめんね」等含みます。「ごめんよ」は微妙。(笑)

ごめんで通じるのは子供時代,という認識で育つものだと思ってたし,
大人で,友達でもないのにごめんなさいねとか言われるのは,
正直なところ腹が立つのですが。

上司が部下に言うならわかるけど。

ごめんって言われると余計に腹が立つ。
見下されてる感じがする。

テレビでアナウンサーがミスした時に「ごめんなさい」と言うと「何さまのつもり」て思う。
上司は注意しないのだろうか。
いつまで小学生のつもりだ,て思う。

2017年1月16日月曜日

芸能人にうとい

方言ネタですが,
ネットで神奈川弁の記事を見ると,
・神奈川弁を話す有名人…スマップのナカイ
という文面がお決まりのように出てきます。
でも私はスマップのメンバーが話すシーンはビシッとした会見くらいしか知りません。
トークは全然聞いたことがありません。
歌もよく知りません。
しかしこの方は藤沢出身とのことで,海沿いですよね。
内陸出身の私とはだいぶ違うのではと思います。
それに,「じゃん」なんて東北人でも普通に使っています。
神奈川弁とするには無理があるように思います。

私が思うには神奈川弁は,発音に少し特徴があるように思います。
(神奈川というより一都三県かもしれませんが。)

一般的に神奈川訛りは「ぶりっ子」とか「不良」とか取られがちですが,
そんなんじゃなくて幼少時からその発音なんですよ。

私はなんで東北人から「ヤンキー」とか言われるのかとずっと思っていたのですが,
最近方言ネタでネット検索するようになって知ったのですが,
なんかヤンキーが神奈川弁を話す漫画があるらしいです。
迷惑な話です。
「不良」じゃなくて「ヤンキー」なあたりがまた嫌なんですよ。
個人的に「ヤンキー」は「不良」よりも下なイメージです。
更に「マイルドヤンキー」とかあるらしいですが,ヤンキーはヤンキーじゃろ。
ヤンキーにすらなりきれない分さらに最悪。
話がそれた。

同じレベルで語っていいのかはわかりませんが,
上方言葉は商人,東北言葉は下働き,広島はヤクザ,九州は西郷さん,
なんてイメージが付けられていますが,
東北言葉が下働きのイメージだなんて東北人は嫌ではないのでしょうか。
同じように神奈川弁にヤンキーのイメージを持たれるのが私は嫌なんですよ。
お互い,もっといい役柄でヒット映画を作ってもらいたいものですよね。

幸いに,ヤンキーのイメージは海沿い地方にあるようなので,
山沿い出身者は金太郎や風魔でいけます。
箱根は函谷関もものならずで怖い中国史を連想させることもできます。(謎)
海沿い出身の人には謝ります。
ちなみに湘南の由来も中国です・・・。
(というか漢字の由来なんてほぼ中国ではないか。)

2017年1月15日日曜日

今日なのか明日なのか

私は呼び方を三種類知っている。

・どんと焼き
・どんど焼き
・どんどん焼き

ここでは文字数が一番少ない「どんと焼き」を愛用することにする。

どんと焼きの思い出は勿論団子焼きである。
全国的にそうなのかは知らないが,あの大きい焚き火でなぜかはわからないが団子を焼く。
ちなみに子供のころは何を燃やしているのかはよく知らなかった。
団子を焼くための火だと思っていた・・・。

では,全国的にどうなのか,「どんと焼き」て検索してみよう。
・・・あれ,出てこない。「どんと焼き」とは呼ばないようです。
「どんど焼き」がメジャーのようですね。
子供の頃に口伝えで聞くだけだったから,人によって「ど」「と」に聞こえました。
「どんど焼き」はなんとなく言いにくく「どんどん」派も多数でした。

まぁどうでもいいや。でも逆の「とんど」もあるんですね。
いやいいや別に。んじゃ多数派の「どんど焼き」に切り替えます。

団子焼きは全国的にあるようです。
良かったローカルネタじゃなくて。

能書きはこれくらいにして,団子焼き,もう一度やってみたいことの一つです。
木に刺して焼く人と針金で焼く人とがいましたが,
衛生面からして針金に憧れていたのですが,
うちの親は地域の行事に無関心で,団子も竿も網も作ってくれせんでした。
毎年頼み込んでついに一回だけ作ってくれたようなくれなかったような。
記憶があいまい。
団子はぎこちないのを作ってくれたのを覚えています。

それはそうと,どんど焼きの団子はかりかりの焦げ具合が美味しかったです。
冷静に食べればたいして美味しいものではないでしょうが,
日が暮れた中,知らない近所の人達と一緒に火を囲むのが楽しかったです。
まぁPTAだったんでしょうけど。

あと思うに,私が育った地区のPTAは,本当に良いPTAだったのかもしれません。

2017年1月14日土曜日

冷えるのぅ

夜中の冷え込みがきついなー。

夜行性には厳しい時期が訪れた。
この時間帯,お布団の中でぬくぬく寝ている人にはそうでもないが,
夜型人間には今しか自分の時間がない。
なるべく省エネで頑張りたいが,
どうにもこうにも冷えるのである。

というかお布団でぬくぬくしつつトイレに行かねばならない夜間頻尿の人も
つらいかも。
お布団の中とトイレとの温度さが。
夜間頻尿の人は昼夜逆転を試してみてはどうだろうか。

2017年1月7日土曜日

足が紫

ちょっと座っていると,ふと見るとつま先が紫色になっている。
「そんなになることはないだろう!」
と思わずつっこみを入れてしまう。
大袈裟な足である。
靴下を履いている時はわからないが,
いつもこんな色になっているんだろうな。(笑)

2017年1月2日月曜日

スモックかスモッグか

光化学スモッグとごっちゃになったらしく,
幼稚園で着ていたスモックをスモッグと言ってしまう。
まぁ口に出して言う機会はないので心の中での独り言で,だけど。

ちなみに光化学スモッグは子供時代を象徴する物の一つである。
懐かしく温かみのある(?)響きである。

この放送が流れるとクソガキ共も一斉に帰宅する。
学校なら窓を閉める。
どんなにクソ暑くとも。

それほど恐ろしいものなのかと子供心に思ったが,
特に症状が出たことはない。

でも,無視して外で遊び続ける勇気は無かった・・・。

けど考えてみれば,大気汚染は,
それより前の東京の大気汚染の方が酷かったのではないだろうか?
聞いた話によれば空が見えなかったそうだから。

ともあれ,あの放送は地域住民に一体感をもたらした。
子供だったからというのもあるが,
逃げ遅れると(笑),誰かしら近所の大人が早くおうちに帰れと声をかけてきた。

凄い強制力の光化学スモッグ放送だった。

時間泥棒

一日が圧倒的に短い。
昔のように餅を焼いて食べる時間がない。

前の職場はみんなそこそこのシフトだったが,
今の職場は私だけ酷いシフトのように見える。
人と比べるからそう思えるとしても,
それにしても酷い。

誰かがゴネて私のシフトが酷くなるように手を回しているのだろう。
決して被害妄想ではなく,
明らかに楽なシフトの人との差がある。
ゴネる人が得をするのはどうかと思う。

よく言われるように,部下と仲良くする上司よりも,
部下に恐れられる上司の方が良い,という説がうなづけるこの頃。

我侭な人ほど得をする環境では士気が落ちる,
本当にそうだなと実感することになってしまった。

紀元前からの言い伝えだもんな,
どの時代にもあった問題なんだな,
と思ってもあまり救われない。
平成の世だというのに紀元前の悪政並の人間性かよ・・・。

しかしくそ田舎では職は選べるほど無いので。